« ザ・ソングライターズ2 佐野元春×桜井和寿 【PART1】 | トップページ | Twitter 7月1日~7月10日のつぶやき »

これこそホントにあぶない、うぬぼれ刑事

2010.07.10

久々にクドカン脚本(第1回は演出も)とあって
わが家も気合いを入れて観ていたのだが
頭がおかしくなりそうだった。
それくらい、ぶっ飛んでいた。
もう一人の人は、ずっと笑い転げてはりました。
(TLも賑やかだったので、つぶやきはヘンに遠慮しましたが)

ドラマ紹介にあるように、長瀬扮する刑事が、
事件のたびに出てくる女性(いつも容疑者?)と出会い、
彼女が自分のことを好きなんだと思い込むところが、話の基本。
ついには結婚するか逮捕させてくれっ、と迫るという、
あらすじだけでも無茶苦茶な話・・・

(あの、ここぞというときの白いスーツは板尾創路かっ! お決まりみたいだけど)


「うぬぼれ」の恋バナを聞いて、アドバイスなのか、冷やかしなのか
バーで延々とツッコミを入れる「うぬぼれ4」。
これがまた贅沢なキャスティング。
( 坂東三津五郎 ・生田斗真 要潤 ・矢作兼・バーテンダーに少路勇介)

長瀬を入れて、うぬぼれ5になるとか。特撮ものみたいな名前だ。

キャスティングを見て、おそらくキーパーソンになりそうだと思った
坂東三津五郎は、恋愛心理学者らしくて、
よくこんな仕事受けたなぁ、と思わせるような弾けっぷりである。

大人計画関係では、荒川良々・小松和重(事務所が)なども刑事役で出演。
良々が、ドラマでいつもの芝居並みにイってしまってるのは、もしかしたらこれが初めて?

西田敏行も「タイガー」並みのバカバカしさで、今回はうぬぼれの父親で元警官の作家。
中島美嘉も「流星」のときのような不思議な存在。


事件が起きて、バーでうぬぼれ4に恋愛相談をしながら、
いつの間にか事件の解決までしてしまう、という切り替えは
ちょっと「トリック」や「名探偵の掟」っぽい展開。
さすがに、あれほど激しく速いテンポは、上の2つ以上ではあるが。

以前聞いた話によると、宮藤さんはこの話を長年温めていたそうだが
第1回は演出もしたとあって、これ以上はムリというくらいの速い流れで会話が繰り広げられ
何がどのようにつながるのか、予測不能なところまで追い込まれる。

そんなハチャメチャな会話ばかりなのに、
これがいつの間にか、ドラマとして成り立ってるところが恐ろしい。
狂気と平常が紙一重という、危険な世界。
が、案外、人間ってそんなもんよ、と世の中を俯瞰したような演劇的な視点も感じる。
(オーバーか)

第1回はこれでよしとしても、連続ドラマとしてどう成り立つのか。
(他の演出者は困るかも・・・)
そんな心配もしたくなるけど、全くの杞憂に終わりそうにも思える、
脳内アドレナリン分泌が全開のクドカンワールドなのであった。


「ヘイ!ヘイ!ヘ~イ!」が、わが家でも流行りそう。。。。

  • Twitter
  • Facebook

« ザ・ソングライターズ2 佐野元春×桜井和寿 【PART1】 | トップページ | Twitter 7月1日~7月10日のつぶやき »

この記事へのコメントは終了しました。

大人計画関連」カテゴリの記事

あまちゃん、終わる

もう、これだけのブームになってしまったら、 いろんなところで語りつくされている気...

2013.09.28

久しぶりに鉄拳パラパラ漫画登場で

あまちゃん6月12日放送分も最高だったなぁ。 リアスでの皆の会話もすごいリズム...

2013.06.13

男らしい?それとも かっこいい? 「あまちゃん」のかつてのアイドルたち

いつのまにか、国民的現象となっている?「あまちゃん」旋風。 まさかここまで?とい...

2013.06.12

明らかに選曲ミスです...

あまちゃんの第2週、月曜からブっ飛んでいて、久しぶりにドラマで大笑いしたような気...

2013.04.08

テレビ」カテゴリの記事

たどころ晋也、ホントに紅白出場か!?

「美女と男子」ついに最終回。 結局ラストまで見てしまった・・・(汗)。 田渕久...

2015.08.26

絶望と向き合うツインソウル

田渕久美子脚本の「美女と男子」にいつのまにかハマってしまった。 篤姫の実績も...

2015.08.10

ドラマで音楽と言えば・・・

あまちゃんの「潮騒のメモリー」が、ついに小泉今日子ボーカルで発売されるとか。来ま...

2013.07.22

元気でいるか 街には慣れたか

「案山子/さだまさし」 ここ2,3日、打ちあわせのための資料づくりに追われ、...

2013.06.19

コメント

このブログにより権利が侵害されたと考えの際の申し立てについてはこちら