iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015/08/26

たどころ晋也、ホントに紅白出場か!?

「美女と男子」ついに最終回。

結局ラストまで見てしまった・・・(汗)。 田渕久美子のシナリオ、僕は素人だけどうまいなぁと思った。


このブログには 今でもレッドウォーリアーズ関係で検索してこられる方が多いんですが、高橋ジョージの「たどころ晋也」って役名、なんか 「田所豊」っぽくてクスっと笑ってしまう。

でも高橋ジョージも 洒落にならないこの役よくできたなぁと思ったり。

続きを読む "たどころ晋也、ホントに紅白出場か!?" »

2013/09/15

Red Warriors の隠れた名曲


Another Day, Another Time - Red Warriors

というのは、実のところたくさんある(笑)

が、ライブ映像をほとんど見たことないのが、この曲だ。
なので、これをつくってアップしてくれた方には、ただ感謝。


続きを読む "Red Warriors の隠れた名曲" »

2013/08/31

それでも大丈夫


RED WARRIORS - IT'S ALL RIGHT

8月ももう終わり。

お盆休みも、夏休みらしいひとときもない夏だった。

続きを読む "それでも大丈夫" »

2013/08/23

「BEAT CHILD」 が映画で復活、など

佐野さんの「No Damege」公開も驚いたが
それ以上に唸ってしまったのが
1987年に阿蘇で行われた「BEAT CHILD」が映画化され、
10月に公開されることだ。

http://eiga.com/movie/79082/

豪雨のなかで夜通し行われた、これこそまさに伝説の、日本のロックフェス。
しかも私自身は、雑誌の記事でしか読んだことがなく
映像を見たことがないのだ。

出演アーティスト=THE BLUE HEARTS、RED WARRIERS、岡村靖幸、白井貴子、HOUND DOG、BOOWY、尾崎豊、渡辺美里、佐野元春

それだけに驚いたし、これは絶対観にいこうと思っている。


(追記)

よく考えたら、レッズのこの映像は観たことがあった。あとから観たのかなぁ・・・?


RED WARRIORS - CASINO DRIVE (Beat Child)


続きを読む "「BEAT CHILD」 が映画で復活、など" »

2013/08/18

SUPER STAR


Carpenters - Superstar

かなり前、レッズの頃のユカイが、深夜ラジオで、月替わりか何かのDJをやっていたことがあった。

で、そのときに「好きな歌」としてかかっていたのが、この曲。
当時は、ユカイがカーペンターズって、かなり意外な感じだったんだなぁ。
今となっては、そうでもないのだけど。

歌いだしのメロディーが、深夜にしんみりと来たり。


続きを読む "SUPER STAR" »

2013/06/06

「ルシアンヒルの上で」 その後(2)

最近、いまだにこちらの検索ワードで頻繁にいらっしゃるのが、「八反田リコ」と何と「ルシアンヒルの上で」だ。(※右欄BEST10を参照してください)

「八反田リコ」は、あまちゃんなどによるクドカン人気再燃のためだが、「ルシアンヒルの上で」がいまだに多いのが、理解できなかった。で、調べてみると、わかったことがあった。


その前に、「ルシアンヒルの上で」に関する過去記事のリンクを。

●「ルシアンヒルの上で」を聴きたくなって
http://stay.cocolog-nifty.com/undermyfeet/2006/10/post_3b39.html

●「ルシアンヒルの上で」 その後
http://stay.cocolog-nifty.com/undermyfeet/2008/08/post_70b6.html

続きを読む "「ルシアンヒルの上で」 その後(2)" »

2010/12/22

今さらながら、ブログタイトルはCarole King から

つづれおり(紙ジャケット仕様)つづれおり(紙ジャケット仕様)
キャロル・キング

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2007-09-26
売り上げランキング : 73586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 Tapestry - Carole King


Carole King を知るきっかけとなったのは、 映画「TOKYO POP」。

レッドウォーリアーズのユカイと
ヒロインのキャリー・ハミルトンによるデュエットが印象的だった、
「(You Make Me Feel )A Natural Woman」から。

きっかけとしては珍しいかも。。。

当時はまだ私も青く?美しいデュエットだなぁって程度だったんだけど
元歌がキャロル・キングと知ってから、何曲かを聴くようになった。
それほど洋楽は詳しくないなかで。


キャロル・キングの名盤と言えば、真っ先に挙がるのは「タペストリー(つづれおり)」だろう。
私は1曲目、ピアノが弾けるようなイントロの「空が落ちてくる」から、
すぐにハマってしまった。。。


I feel the earth move under my feet.


実は、このブログタイトル、「空が落ちてくる」の冒頭の一節からいただいてます。
(調べたら、I feel the earth moveの部分は隠語で別の意味もあるとかで・・・汗)

以前、これをツイートしたら、地震が起きたと間違えられたり(笑)。
「空が落ちてくる」という邦題とか、
日本語にはない感覚で綴られたような言葉が気に入ってる。


さて、今日の口ずさみは「You've Got A Friend (君の友だち)」。
すべてのブログ友だち、リアルな友だちにこの曲を。
(もしかして意味が違うかも知れないけど)

これも名曲ですね。

おお、途中からJames Taylorが出てくる・・・。

2010/02/21

ダイアモンドユカイが「競馬場の達人」に

聞いてないなぁ、って感じ。

さっきグリーンチャンネルで放映された「競馬場の達人」。
毎週、芸能人やスポーツ選手が1日競馬場で遊ぶという企画なのだが
今週がダイアモンドユカイ・・・って。

本当にレッズ時代にそんな話、聞いたことがない。

何でもトウショウボーイ・テンポイント・グリーングラスの頃が一番好きだったらしく、
マルゼンスキーをネタに社会の小論文を書いたんだとか。
タニノチカラの名前まで出ていた。

おそらく今はやってないような気がするけど
クロフネとスペシャルウイークはわかっているみたいだったし。


それにしても、だ。
ロックンローラーが本命党でどうするのだsign02
と、ささやかな苦言を。


しかし、収録日は子供が生まれたばっかりだったせいなのか、
表情がヤケに穏やかだった(笑)

いやいや、いろいろ驚かされた番組であった。

2009/04/04

RED WARRIORS「Party Is Over」 【今日の口ずさみ】

ブログもそうだけど、最近音楽が欠けているような気がした。
日々の暮らしのなかで。
で、ふと口ずさんだ、口ずさんでしまったものを書いていこうかと。

今日突然浮かんだのは、RED WARRIORS「Party Is Over」。
3枚目の「KINGS」に入ってます。

KING’SKING’S
レッド・ウォーリアーズ

コロムビアミュージックエンタテインメント 1993-11-21
売り上げランキング : 63913
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1枚目「Lesson1」は、ファーストアルバムらしい音も軽めのロック。
2枚目「Casino Drive」でサウンド面でも一歩進めたアメリカンロック&ブルースを目指し、
3枚目「KINGS」はまさに王道のロックンロールをさらに突き進んだ、正統派ロックアルバム。

が、「Party Is Over」は、「KINGS」の中で、いやRED'Sのなかでも異色の曲かも。
映画のラストシーンのようにユカイが歌い上げるバラードで、フランク・シナトラを思わせるようなナンバーとか言われていた。

シャケはRed's時代に多くのバラードを書いているが、メロディーメーカーとしての幅広さを感じさせる歌でもある。
ユカイが書いた歌詞には「TOKYO POP」の思い出が歌われているそうだ。
「成りさがり」によると、共演のキャリー・ハミルトンとはいい仲だったみたいだし。

銀幕の中 夢を見ていた そんな俺たちさ
せめて今夜はこのままで
甘くせつない曲にのせて
Baby,play,it,again

浮かんだのはサビ。
下の試聴では、そこまで聴けません。仕方ないか。


【MUSICO】RED WARRIORS「Party Is Over」の試聴はこちら
http://musico.jp/contents/player.aspx?tid=&rid=r8S04I&afl=external

2009/03/05

成りさがりの後の素敵なサムシング

昨日、なんばHatchでのRED WARRIORSのライヴを観る。
何と、大阪は7年ぶりだったとか。そんなに月日が流れてましたか。

初めてRed'sのLIVEを観たのは、KING'Sの頃の京都産業会館だった。
その頃は暗黒の?大学時代で、自分がこれから何をしていくのかもよくわからなかった状態で
世間のバブルとは反対に、何をやっても面白くなかった頃だった。
そんななかで出会ったRed'sは、空虚な気持ちに風穴を空けてくれるような真っ直ぐな力があった。

そこから(自分が)すごく遠回りしている感もあるが、
今の自分が再び彼らの姿を目にし、音楽を聴くことができたのは、
シンプルな言い方だけど、本当に幸せに思う。


ユカイも精神状況がいいようだ。SHAKEもいい意味で柔らかさが出ている気がする。
キヨシは・・・貫禄?coldsweats01
キーボードはもちろん三国義貴(いいなぁ、あのスタイル)、ドラムは向山テツ。

RED'Sとしても、今までの再結成(一昨年を除く)にない、力みが抜けていて
成熟したロックやブルースを聞かせてくれたように思う。

楽曲はいろんなアルバムからピックアップされていて(下記参照)
1曲目からいきなりのカジノドライブ。
個人的に嬉しかったのが、2・4・5と7~9。(シャケのボーカルがレッズでまた聴けるとは)
ルシアンヒルはもちろんだけど、その後の12など。

ブルースあり、サイケあり、大人のロック。
Red'sの4枚目のアルバムまでで考えれば、あらためていろんなことをやっていたんだなぁと思う。
今の彼らが演奏すると、また味わい深くなっているのが嬉しかった。


1. CASINO DRIVE
2. 09'S(90'S) Revolution
3. BAD LUCK BOOGIE
4. MONKEY DANCIN
5. ANOTHER DAY,ANOTHER TIME
6. Tumbling On
7. Outlaw Blues
8. Dance Macabre
9. SHAKIN' FUNKY NIGHT
10.野生の風
11.ルシアンヒルの上で
12.Rooling Down The Street
13.7th Strip
14.SHOCK ME
15.FOOLISH GAMBLER
16.WILD CHERRY

アンコール
1. Mr.woman
2. バラとワイン


で、一番驚いたのが、会場で先行販売されていたダイアモンド☆ユカイの激論集(?)
その名も、「成りさがり」

成りさがり ダイアモンド☆ユカイ激論集成りさがり ダイアモンド☆ユカイ激論集
ダイアモンド☆ユカイ

光文社 2009-03-06
売り上げランキング : 254

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これ、何と帯にクドカンがコメントを寄せてます。
「ユア・サーマンのくだりまで読みましたが、『サムシング』という単語が12回出てきました」 と(笑)。

で、中身は生い立ち(いきなり源頼朝の血が流れている・・・って)から
高校、アマチュア時代、プロになってからの裏話、事務所問題、女性遍歴
事細かく書かれてます。

Red'sのメンバーも寄せてますが、何とコンマこと小沼達也が!!
(誰や○○説なんか流したヤツは)

そこまで書かなくても、って内容もありますが(飯○○子の話はビックリ)、
ホント成りさがってる時期が、読みごたえあるかも。

最近、バラエティに出るようになって、仕事がいい状況になってきた現在のところでは、
「土田晃之について行こうと思った」とか
「明石家さんまはお笑い界のミック・ジャガー」などと。

そして、最後の最後、今の奥さんがコメントしているのが泣けます。
この方、本当に心の広い方だと思います・・・happy02

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...