iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2007/10/31

開放感で「民カバ」を聴く・1日目

ここ1ヶ月続いた仕事も夕べにようやく一段落。
今日は開放感に包まれてます。
クライアントの指示待ちしてる間、今、「民カバ」を聴いてます。

奥田民生の曲を他のアーティストがカバーしたアルバム。
これ、先週からハマったなぁ。
それくらい素晴らしいのだ。
個人的には「ユニトリ」より、こちらがお気に入り。
で、今ヘッドフォンで聴きながら、全曲レビューをしてみようかと思ってパソコンに向かってます。

2枚組なので、まず1枚目から。


マシマロ(木村カエラ)
木村カエラの優れた部分というのは、そのハキハキさにあると思う(何だ、その言い方は)。彼女の輪郭ある声が、マシマロのスピードを増幅。ラストのコーラス部分にゾクっ。


ワインのばか(B-DASH)
B-DASHは初めて。最初はフジファブリックかと思ったくらい、テンポいい、小気味いい「ワインのばか」。


カヌー(斉藤和義)
斉藤和義はまた地味な歌を選曲。これ、ビートルズファンならドキっとする部分があるのだが、もしかしたらそんなところもお気に入りなのかな・・・?(謎) 12弦のアコギギターの音色がいい感じ。


さすらい(スピッツ)
これ!これ!と言いたくなるハマリ具合。
草野マサムネの声の伸びが「さすらい」の開放感に見事合致してて、これはまさにスピッツの「さすらい」だ。素晴らしすぎて声にならない。このアンサンブルを聴くとスピッツが単なるJ-POPでないことがよくわかるアレンジと演奏。


イージューライダー(GOING UNDER GROUND)
これもある意味当然の選曲なのかも。アノ名曲にゴーイングの純粋な部分が噛み合って、彼らにしか歌えない「イージューライダー」になっているのだ。原曲に忠実に演奏されているのは、名曲のイメージを崩したくない彼らの心配りか。


恋のかけら(サンボマスター)
一転、誰やオマエら!!っと言いたくなります(笑)。
これこそ「ヤバイ」(あ、使ってしまった)。
サンボマスターは、奥田民生をはじめいろんなアーティストとの対バンを精力的に行ってきたけど、そんな効果が現れているのかも。
こんなスローでブルーな「恋のかけら」。思わず笑ってしまうくらいにとろけそう。


MOTHER(The ピーズ)
コレも うわ~~となるなぁ(抽象的)。
ハルの声には切なさを感じることがあって、投げやりにも聞こえそうな独特の歌い方がそれを醸し出しているのだが、MOTHERではその「切なさモード」が存分に発揮されている。


息子(チャットモンチー)
出ました!
あまりに言うとヨメさんがいらぬツッコミをするのですが、言います。私はドラムの高橋さんがいいのです。
・・・いや、違った。しかし、彼女らのスリーピースバンドへのこだわりがよくわかるつくりです。今までの流れでちっとも負けていない迫力。
ヨメさんはこの歌で初めて関心を持ったみたいで、自分の好きなSUPERCAR(いしわたり淳治)が絡んでいることを今頃知っていた。突然の終わり方をするエンディングは、彼の力か。


野ばら(GLAY)
その突然の終わり方によるバトンタッチでカッコよく出てきたGLAYはもはや貫禄の部類。アッサリですが決してアッサリでない存在感が存分に伝わってきます。


手紙(中孝介)
出た!これも出た!って感じ。
これは賛否両論だろうなぁ(笑)。

「手紙」は言わずと知れた数少ない民生のハードなチューン。
ある意味、この歌だけは民生を超えてはいけないのです。
だから無茶苦茶上手いロックボーカリストがそのまま歌い上げるのでなく、別路線での選択がOKなのでしょう。

選曲者のこだわりと気遣いが十分に感じられる仕上がりになっています。
ギターがスゴイなぁ、と思ったら小倉博和だった。


(2枚目に続く)

2006/08/19

スピッツ草野からフラカン

Spitz

フラワーカンパニーズというバンドを意識しだしたのは、実はスピッツの草野マサムネから出た言葉でした。
あ、そうだ、と思い出したように昔のロッキンオンジャパンを調べたら、1997年(!)11月号。


●そういえば、最近フラワーカンパニーズにはまって、ライヴに足しげく通ってるそうですが---。

(草野)「あ、そうそう。たまたま知ってる人がレコード会社にいてインビテーションもらって行ってみたら凄いカッコよかったんで、シリーズ・ライヴのその次の回も観に行ってしまったという」


 という出だしで、フラカンと自分たちのバンドを語ってる部分があったのです。これがとても気になって、そこからチェックしだしたんですが、まさかこんなにハマってしまうとは、自分でも思わなかった。。。

しかし、このロッキンオンジャパン、今見てみると他にもスゴイのだ。
ピーズのハルが活動休止を語り(かなりブルーです)、TOMOVSKYのインタビューもあるという、何とOTODAMA的な内容(笑)。さらに中村一義はデビューアルバム発表、UAの写真入りインタビューもあり。

実際のところ、表紙は絶頂期のイエモン。レビューではミッシェルのチキンゾンビーズがトップにあるという時期で、表と裏でシーンは確実に動いていたのか(?)って感じ。

もう、9年経ってますよ(爆)。
いやぁ、捨てずに置いとくものだ。
何がどう貴重になるかわからないから。

2006/03/06

奥田民生と言えば・・・

ヨメさんが大ファンで、私はその影響で聴きはじめたのだが、最初に驚いたのは「手紙」だった。

朝顔のような 百合のような 菫のような
あなたを見てたら 胸がしめつけられるんです

クラクラ君の 僕は手紙を書いてる ひまがあれば

歌詞とは対照的に、これでもかというくらい、ヘビーな歌い上げ方をする奥田民生の曲って聴いたことがなかったもんで、それはそれはビックリしたものでした。ライヴではDSLがタイトなサウンドでさらにヘビー。出だしの「ア~~」のタメ部分で根岸さんの足上げポーズが何度も決まるし。

この曲は確か、ある携帯電話会社のCMソングに使われてたと思うのだけど、わざわざそんな通信の最先端にアナログの「手紙」という曲を提供したのか、逆に会社側が採用したのか、どちらかはわからないけど、作った側の反骨とパロディのマインドが伝わるし、採用サイドからは懐の深さを感じてしまう。

で、それからいろんなタイプを聴いたりしたのだけど、奥田民生ってマイペース、ダラダラ感(いい意味で言ってます)が強いことをあらためて感じた。ただ、そんな一連の曲を聴き続けると、ちょっと飽きっぽくなるわけだけど、いやいや、それって一つのポリシーあるスタイルなんだと実感した歌がある。


「うめぼし」という歌。
他人の歌、そう、スピッツのである。


一期一会 Sweets for my SPITZ

「一期一会」のカヴァーでコレを聴いたとき、民生の持ち味っていうのは誰の歌でも活かされるというか、あまりにこの曲がフィットしてたので、2つめの驚きだった。もちろん、草野マサムネ氏の感覚もあっての話なんだけど。

♪ うめぼし食べたい うめぼし食べたい 僕はぁ~
      君に会いに行きたい~

何という歌詞・・・
これをわざわざファーストから選んだというセンスがすばらしい。
ホント自分の歌みたいで。

「すばらしい」と言えば、最後に3つめの驚きがあったりして。
それについては、また。。。


紀州南高梅お試し4点セット
送料無料で1200円!!

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...