iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2015/10/01

「STAY」 - ロッテンハッツ -

Rotten Hats - Stay


本日、誕生日を迎えました。日付が変わった途端、早々にメッセージをいただいて、何だか嬉しい限りです。いくつになっても。しかし、Facebookでも公開してないのに、なんで知ってたんやろ。。。ま、いいか。
 
 
さて、福山雅治の結婚の報を知って、思い出した歌がコレ。
 
この歌が挿入歌だったドラマ「ホームワーク」に出ていた福山さんは、今では考えられないような、女性から見ればダメダメで、ヤな役をやってはりましたね。でも、まさか吹石一恵とは。育った場所がかなり近かったり(笑)
 

続きを読む "「STAY」 - ロッテンハッツ -" »

2015/08/18

賢い君はもう見抜いている


バイ・ザ・シー - 佐野元春 & ザ・コヨーテバンド

佐野さんの「BLOOD MOON」を聴いて、真っ先に心地よく感じたのが「バイ・ザ・シー」。

ダンサブルなサウンドで、いかにも夏に聴きたい歌だ。

ちょっと耳にすると、仕事も何もうまくいかないのなら、今日は忘れて海へ行こう、と簡単なメッセージにも思えるが、決してそうじゃないだろう。


本当に欲しいものは何

たとえばひとつの美しい経験

幻を見るような眩しい永遠

事の善し悪しは別として

賢い君はもう見抜いている

続きを読む "賢い君はもう見抜いている" »

2015/08/05

いつかの君


いつかの君 - 佐野元春 & ザ・コヨーテバンド


BLOOD MOON は ホント身も心も揺さぶられる。

このようなアルバムを聴いていると、自分もまだまだ挑む気持ちを忘れてはならない、とこの歳になっても思わされる。


その日の気分によって、最初に聴く曲は違うが、最近はまず「いつかの君」。


続きを読む "いつかの君" »

2015/08/01

優しい闇

この曲が実際は沖縄辺野古の問題から生まれたもの、というのはすでに知られている。そう思えばそう聞こえるし、自らの体験や思い出に重ねる人はそれも可能という、佐野さんの歌詞。深みを感じずにはいられない。


「約束の橋」を歌った佐野さんに「約束の未来なんてどこにもないのに」と言われてしまうのは、いささかツライけど、前者のテーマとなると、まさにその通りなんだろう。

続きを読む "優しい闇" »

2015/07/30

本当の彼女


本当の彼女 - 佐野元春 & ザ・コヨーテバンド (iTunes)

佐野さんのアルバム「BLOOD MOON」は
政治的メッセージに満ちた歌、ダブルミーニングのような愛の歌、などいろいろあるが、そういう意味で異色だな、と感じさせるのが、「本当の彼女」。


これは「THE SUN」における「レイナ」のような、本当に個人的なラブソングじゃないかと思える。それくらいとても優しい歌。サウンドはカントリーっぽいアレンジで、特典PVでは深沼さんがマンドリンを弾いているが、レコーディングでは佐野さん自身によるもののようだ。


セカンドアルバム「ハートビート」の「彼女」があるが、これは「本当の彼女」。大人の懐の深さある佐野さんのラブソングだ。本当に優しい。


街に暮らしている君
その仕草、笑い声
とてもいいかんじ


気取っているねと、人はいう
近寄りがたいよと、人はいう


彼女のこと
誰も判っちゃいない


続きを読む "本当の彼女" »

2015/07/27

明日、境界線を越えていこう


「境界線」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official)

おそらくシリアスな意味合いがあるのに、どこかコミカルでポップ。映像も(笑)

境界線って、地味な歌?と思ってたのに、アルバムトップを飾っているところを察するあたり、大きな意味もあるのだろう。そんな気がする。

続きを読む "明日、境界線を越えていこう" »

2015/07/25

「BLOOD MOON」 届く - 私の太陽 -

今朝、「BLOOD MOON」が届いた。

朝から仕事しながら、かけっぱなしだ。 昼からは猛暑のなか、別の仕事で出かけなくてはならない。

メッセージ性が高いとの触れ込みだったので、いささか危うい気もしていたのだけど、コヨーテバンドのビートの効いたバンドサウンドが伴って、そのレベルの高さに嬉しい意味で驚いた。(こんな言い方、失礼な話だ。)

攻撃的なメッセージもあるけれど、佐野さんらしいインテリジェンスある言葉が胸を打つ。


こりゃ、この夏、このアルバムで乗り切れそうな気がした。 「バイ・ザ・シー」など、いくつかのダンサブルなナンバーも最高だ。 大げさだけど、天から救いの声が届いたような気がした。 だいじょうぶだ。

続きを読む "「BLOOD MOON」 届く - 私の太陽 -" »

2015/07/24

迷いを振り切って、次へ向かう

「キャビアとキャピタリズム」リリックビデオ - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド(DaisyMusic Official)


アルバム発売までは、耳にしないでおこうと思ったんだけど、ヤバイな、これ。

歌詞は直接的過ぎるし、この攻撃的なサウンド。特にこのバンドアレンジを聴いてると、わだかまりのようなものは振り切って、次に行くしかない、って感じだ。コヨーテバンドの演奏力がみなぎってる。

歌詞はともかく、とにかく激しく揺さぶられる、いろんなことを忘れさせてくれる。 

これでいいんだよ、今の自分にとっては。

2015/07/23

だいじょうぶ、と彼女は言った


だいじょうぶ、と彼女は言った 佐野元春


佐野さんのニューアルバムは25日にわが家に届く。ちょっと出遅れた。

先日、「No Damage」があるお店で流れていた。何だか懐かしのオンパレード。リマスタリング盤も手にしないままだから、新鮮で嬉しかった。

特に 「モリスンは朝、空港で」とかほとんど最近聴いてなかったから。で、一番陽気に弾んだのは 「It's allright」。

でもあれ、よく聴くと陽気じゃなかったり。 「陽気なフリをしてみても 隠し切れない」 なんてフレーズもあるし。


ホントはそれをアップしたかったけど、動画サイトにはなかったので、よく似たタイトルの「だいじょうぶ、と彼女は言った 」。

これもほとんど聴いてないな。この当時の佐野さんって、あまりイイ感じではなかったんでしょうか。体調含めて。何かそんな気のする歌。でも、今ごろこの歌のよさがわかってきたような気もする。

続きを読む "だいじょうぶ、と彼女は言った" »

2015/07/09

紅い月

「紅い月」 - 佐野元春&ザ・コヨーテ・バンド

7月に入って、僕にとっては忘れかけてた優しい心と切なさ、耐えられないような屈辱、正反対のような双方の気持ちを抱いている。


そんなとき、Youtubeに佐野さんの「紅い月」がアップされた。以来、僕はずっとこの歌を聴き続けている。


優しい闇と同様、政治的なメッセージソングとも受け入れられるこの歌は、受け手の取りようによっては、個人的なラブソングにも聴こえる。それはそれでいいのかもしれない。 広義におけるラブソングなんだろう。


大事な君  心偽らないで
どんなときも  ここで戦っているから

大事な君  心偽らないで
そう もう一度 好きなように 踊ろう

大事な君  もう泣かないで
こんな夜は 痛みも感じないよ

空を見てごらん  紅い月が浮かんでいる
夢は破れて  すべてが壊れてしまった
  


僕自身にとってはもちろん、存在の意義すら見失いそうな、絶望の淵に立たされている人がいるとして、そんな人にも聴いてほしい。 血の涙で染まったかのような紅い月を眺めているあなたに。


より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...