iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2008/12/20

とか、言いながら一進一退。

(タイトルは前記事の題から)

ちょっと体調がよくなったと思って、調子こいていたら、
見事なしっぺ返しを食らってました。
詳細は省きますけど、ご迷惑ご心配をかけた方々には
ホント申し訳ない気持ちでいっぱいです。

幸い、仕事だけはやっとの思いでやれてる状態ではありましたが
(パソコンに向かう時は、ネットを全く遮断してました)
久々にダメモード。

他の皆さんは、お元気でしょうか。
ブログ友だちの方々のところにも全く遊びに行けてませんが、
お許しを。書くので精一杯です。


ガンバのサッカーに盛り上がったりはしたものの、
ドラマで見られたのは、「風のガーデン」と昨日の「流星の絆」くらい。
どちらも、重い最終回だった。

「風のガーデン」の制作記者発表のときだったか、
倉本聰が「今のテレビドラマに絶望してる」みたいなことを
言ってたような気がするけど、
貞美こと中井貴一の生き様(死に様?)をもっと長く
描きこみたかったのではないだろうか。

茶番の結婚式もあっさりオープニングで流れてしまい
一気に貞美の病状が重くなっていき、最後へとつながっていく。

思い出を語る中井貴一の聞き取れないほどの長セリフ、
それを聞き取って淡々と応える緒形拳。

実際の緒形拳が重なって、「淡々と」が実は全く淡々でないところが痛々しくもあり、
また、自分の父親が亡くなったときのことなども思い出してしまう。
(そう言えば、最近やたらと夢に出てくるのだった)

もし、倉本聰が長くドラマを続けたかったら、
緒形拳自身が「持たない」ことも十分考えられた訳で
ホント悲痛な思いのする最終回だった。

中井貴一の演技が初めて強烈な印象を覚えたし、
黒木メイサ、神木隆之介も役にハマっていたように思う。

花がキーワードにもなっていたこの話、
ラスト、キャンピングカーの跡がくっきり浮かぶように広がる花々に、
強さと はかなさが紙一重である命の両面性を感じずにはいられなかった。
(もちろん重みは十分感じているけれど、単なる輪廻転生とは捕らえたくなくて・・・。)


キーワードと言えば、
「流星の絆」では、ずっとここで言ってたのが、三浦友和。
でも、二宮和也が突然震えだすまで、全く気づいてなかった(爆)。
そこまで意味のある役だったか。

それくらいの裏切りである。
唯一、強い信頼があった大人が
一番憎むべきだった人だったと気づいたとき
自分ならどんな思いにかられるだろうか。

というか、ある意味自分はいい大人になってるのだけど、
「オレが弱い人間だからだよ」という柏原のセリフに
腹立たしくもあり、寂しさも覚える。

何とか救われるのは?
死には死をもって柏原を成敗する訳ではなくて、「とことん生きていけ」と。

それはそれで残酷でもあるが、
あの「殺すね」のやり取りに重要な意味があったことが
後からわかってしまうことに・・・。それだけに虚しい。

とがみ亭がなければ、
あの3人たちはどうしようもないところに行きそうな気もするけど、
ま、そんなせん索はやめて、新たな出発を切ったところにホッとしないと、
実にやり切れない話なのであった。

カラーは全く違うけど、どちらもなかなか考えさせられた。


2008/12/15

七人は僕の恋人→下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム→そして・・・

P08121501

今日になって体が軽いぞ。
昨日までの頭の鈍痛が嘘のよう。
しんどいながらも昨日は学校にも行って、作業もしたし、なんだか気だけは張ってた感じ。
それでこの軽さだから、何だかいい感じ。

ヨメさんは土曜に「七人は僕の恋人」を観に西宮まで行ってきました。
池田成志、頑張ってたとP08121502_3
か(謎)。
そこで「少年メリケンサック」の前売券を買うと、クドカンのサイン入りポストカードがもらえるとかで
しっかり買ってきはった。それにしても、このために何枚書いてるのか、クドカン。

で、劇場で配布された宣伝チラシには
「下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム」が。
この日、ローソンロッピでバスチケット買うのに20分くらいかかってたオッサン(お前もやろ)のために
10時15分過ぎでも買えなかったやつだ。(長っ。)


で、見せてもらったら、何と音楽が!
P08121503_2
本間さんです。↑(写真は大泉さんですが)

COMPOSERでも近い人が担当してたので不思議ないところもあるけど
水どうDVD、歓喜の歌、そしてこの芝居と、ますます結びつきが強くなっているぞ、どうやら。


2008/12/04

見せ場たっぷりの阿部サダヲ

昨日(3日)は、また1つ仕事の区切りをつけたので
発送作業の後、ブログをいくつか更新。
(でも、まだ大きな作業をいくつか抱えている)

その間、水谷豊のFNSを見つけられず(どこまで引っ張るねん)、
TVでは嫁サンが観たがっていた「OLにっぽん」が流れていた。

私はこの番組、あまり観ていなかったので、風呂でも入ろうとしていたら
ラストの阿部サダヲの見せ場たっぷりの演技に足が止まる。

ドラマのクライマックスへと一気に突入した感じだった。
引きつけられたなぁ。 こっちを見て正解だったかも。

--------------------------------------------

今日(4日)は学校へ行って、久々に飲み会もあり。
その間は作業と、大阪市内から郊外、また大阪市内へと移動する予定。
おそらくブログは更新できないと思うので、
今回は深夜のうちに書いておくことにした。
(書く義務はないのだけど)

忙しくなると、何だか書きたくなる傾向があることに気づく。
しばらくやめていた「書き物」をまた始めたくなった今日この頃。
というのも、とある題材が浮かんだのだった。
この忙しさでできるかどうかは不明だけど、
時期を見て、じっくり書いてみたいところだ。。。

2008/11/23

中島美嘉、劇中で歌う

土曜も仕事・・・。
今日の晩に、録画していた「流星の絆」を見る。

ドラマの中で歌うシーンって、
最近にない演出のような気がするが、どうなんだろう?
すべての番組を観たわけではないので、断言はできない。

何だか懐かしかった。
久世演出をも思わせたり・・・。

2008/11/16

ミスターまで職質

何だかしょうもないことを綴ってしまったので書き直し(汗)。

ミスターこと鈴井社長が新宿で職務質問を受けて憤慨している記事を読んだ。
http://www.office-cue.com/president/contents_view.php?id=414
ミスターには「そんな雰囲気」はないと思うのだが・・・。

同様のことをクドカンも最近よく書いてたり、笑っていいともでも言っていたりするが
どうやらお偉い?方々は、不要なところにまで警戒の目を強めているようだ。
それだけ、危なっかしい世の中ということなのか。

クドカンは腹立つあまり、自分を知らないのかという意味を込めて
あえて「宮藤官九郎です!」と名乗るそうで。
(悲しいことに、古本屋で作家名「み」の棚に並べられているのを見かけるけど・・・)

自転車に普通に乗ってて、あちらの研修的に止められたことがあるが、さすがに職質はない。
でも私もいつかやられるかなぁ、と不安に思ったり。。。やましいことは何もありませんが。

その時の答え方をしっかり考えておこうっと。
ん? 

2008/11/15

流星の絆を4話分

一気に観た。お腹一杯である。
観るたびにハヤシライス(ハヤシさんライスではなく)が食べたくなって
でも、ないもんだから、
晩飯の後にまだお茶漬けを食べて、最後の方はポテトチップスを。
極めて不健康だ。

何か金曜はいろいろ用事があったりで一部しか見てなかったのを
観た部分は早送りしながら、再度通して観て、現在に至る。
ようやく追いついた。

やはり三浦友和なんだよなぁ。
三浦友和と国広富之の共演というのは、
かつての山口百恵の赤いシリーズの頃には
考えられなかった?ことである。
お互い相手役だったし。
(そういえば、麻生祐未はかつて山口百恵っぽいところがあったような)

おまけに三浦友和がチョコレートを食べてるのを観ると
セシルチョコレートが食べたくなってしまう。
単なるカレーの隠し味ではなく、この演技がドラマの隠し味になってたり(ん?)。
奔放な役が似合う人になってきた。

・・・ホント古い話。
ドラマはここへ来て急展開してきたのに
こんなオッサンネタですみません。。。
(本論は皆書いていることでしょうし)


P.S.
女性歌手的に「こっち」は中島美嘉に注目か。

2008/11/13

ノクターンのあとに松尾スズキ

どうやら、この季節のドラマでは
「風のガーデン」に最もハマりそうである。

と言っても、まともに観たのは、まだ第2回まで。(おいおい)

重いなぁと思いつつ、いつの間にか入り込んでしまう。
死を迎えるとわかったとき、どれだけバカをやってたとしても
いろんな狭間で揺れ動く葛藤を中井貴一(大天使ガブリエル、通称ガブ)が巧みに演じている。
もちろん、時折笑いもあるが、
根底には、作り手によって刻み込まれた芯の太いテーマがある。

そのトーンを作っている1つが、平原綾香の「ノクターン」。
ショパンの曲がモチーフとなった、Jupiter的な歌なのだが
(ノクターンをまともに聴いてないので)予期しない音が、じんわりと染みてくる。

ノクターン/カンパニュラの恋ノクターン/カンパニュラの恋
平原綾香 史香

DREAMUSIC( C)(M) 2008-11-12
売り上げランキング : 140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そして、エンドロールとともに流れる映像。
ラストシーンで家の中を流れるように見ているのは、死んだ後の自分なんだろうかと。


で、そんな空気の後に日本郵便のCMが。
谷村美月が出ているもの。
あ、と思った。
一瞬だけ映る父親らしき男性は、松尾スズキでは?
ヒゲなかった?

よく調べたら松尾さんのブログ(11月10日)にしっかりと書かれてあった。
http://matsuo-chan.at.webry.info/200811/article_2.html
そして驚くべき事実が・・・(?)

谷村美月の父親は39歳なんだそうだ。
何だか悩んでいる気配の松尾さんなのであった。
(こちらも何という終わり方なんだ)

2008/11/05

親孝行プレイ×ちちんぷいぷいのプレゼント

今晩(深夜)は必見ですね。
ヤスケン含む3兄弟のVTR出演でした。

その後、角さんと南光さんが
「クワイエットルームにようこそ」のDVDを熱く語ってたのに、たじろぐ。

クドウカンタロウ?・・・って聞こえたような・・・。coldsweats01

2008/10/24

1週遅れで「流星の絆」

スピッツはやはり偉大だ。
RSS受信されているのか、理由はよくわからないけど
昨日のネタがスピッツのSNSから、結構アクセスされてたり。。。

それはさておき、先週東京では寝てしまったので
(というか忘れてた)
ヨメさんが録ってくれてた「流星の絆」を1週遅れで見ている。
なので、今日の分はまだ見ていない。

賛否両論あるみたいで。
わからないでもない。
タッチはともかく、

A → B → C → D

という展開(予想される展開)で言うところの、
「C」あたりで、裏切りの「E」とか「F」を入れるどころか、
訳のわからん記号★♪#&%が入ってる感じ。
ブッ飛んでいる。

安易なところで収めたくないのが、よくわかる第1回目だった。

「吉祥寺」、「ジョージ・クルーニー」、「トミーリー・ジョージ」、「聖ジョージ学園(林譲二)」、「カントリーバー・ジョージズ」「缶コーヒー・ジョージア」・・・
どこまで「ジョージ」で行くのか、クドカン。

役者で個人的に気になるのは三浦友和だなぁ。。。あ、柄本明も。

2008/10/08

OLにっぽんの元ネタ?

「OLにっぽん」を垣間見る。

脚本の中園ミホかプロデューサーかどちらかが、
「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」の怪演を気に入ったのか
再び阿部サダヲを起用していてビックリ。しかも皆川猿時まで。ムムム。

話の内容は、「ハケンの品格」の雰囲気にアウトソーシングの問題を絡めたような感じか。

この中国へのアウトソーシングの問題、
実はたまたま、昨年のNHKスペシャルでホントのドキュメントが放送されていて驚いた覚えがある。

京都だったか、とある会社におけるリストラの一環で総務部門を中国に委託するというのだ。
しかもそれは中国に事務所を置いて、すべて通信でやりとりをするという。
それでも十分に経費削減となるそうなのだ。

その準備段階として、1人の中国人女性が代表として日本の会社に送り込まれ、
総務のノウハウを懸命に覚えていくという、ルポだった。
学んだことを、さらに中国で働く人たちに教えないといけないので
彼女の責任は重く、帰宅しても勉強づけという日々。

周囲の社員たちも、自分たちの仕事がかかっているだけに、
そんな彼女を全面的に快く思っているわけではなくて
特に総務一筋でやってきたベテラン男性社員の1人は、当初ほとんど彼女を相手にしていなかった。

が、その中国人女性の理解度の速さ、中国現地での仕事風景を目の当たりにして
次第に心を開き、自分もさらなる資格取得をめざして、勉強に励むという内容。

(参考)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070903.html (写真上から3枚目)

ドラマではあまりにリアルさを求めると、面白みがなくなるので
コミカルな肉づけが随所でされているが、話の根本ではこういう問題の実情を描きたいのだろう。

日本人の立場、中国人の立場。あっちを立てればこっちが傷つくというような世界に思える。
今後どのような展開となるのか、注目だ。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...