iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2008/12/20

とか、言いながら一進一退。

(タイトルは前記事の題から)

ちょっと体調がよくなったと思って、調子こいていたら、
見事なしっぺ返しを食らってました。
詳細は省きますけど、ご迷惑ご心配をかけた方々には
ホント申し訳ない気持ちでいっぱいです。

幸い、仕事だけはやっとの思いでやれてる状態ではありましたが
(パソコンに向かう時は、ネットを全く遮断してました)
久々にダメモード。

他の皆さんは、お元気でしょうか。
ブログ友だちの方々のところにも全く遊びに行けてませんが、
お許しを。書くので精一杯です。


ガンバのサッカーに盛り上がったりはしたものの、
ドラマで見られたのは、「風のガーデン」と昨日の「流星の絆」くらい。
どちらも、重い最終回だった。

「風のガーデン」の制作記者発表のときだったか、
倉本聰が「今のテレビドラマに絶望してる」みたいなことを
言ってたような気がするけど、
貞美こと中井貴一の生き様(死に様?)をもっと長く
描きこみたかったのではないだろうか。

茶番の結婚式もあっさりオープニングで流れてしまい
一気に貞美の病状が重くなっていき、最後へとつながっていく。

思い出を語る中井貴一の聞き取れないほどの長セリフ、
それを聞き取って淡々と応える緒形拳。

実際の緒形拳が重なって、「淡々と」が実は全く淡々でないところが痛々しくもあり、
また、自分の父親が亡くなったときのことなども思い出してしまう。
(そう言えば、最近やたらと夢に出てくるのだった)

もし、倉本聰が長くドラマを続けたかったら、
緒形拳自身が「持たない」ことも十分考えられた訳で
ホント悲痛な思いのする最終回だった。

中井貴一の演技が初めて強烈な印象を覚えたし、
黒木メイサ、神木隆之介も役にハマっていたように思う。

花がキーワードにもなっていたこの話、
ラスト、キャンピングカーの跡がくっきり浮かぶように広がる花々に、
強さと はかなさが紙一重である命の両面性を感じずにはいられなかった。
(もちろん重みは十分感じているけれど、単なる輪廻転生とは捕らえたくなくて・・・。)


キーワードと言えば、
「流星の絆」では、ずっとここで言ってたのが、三浦友和。
でも、二宮和也が突然震えだすまで、全く気づいてなかった(爆)。
そこまで意味のある役だったか。

それくらいの裏切りである。
唯一、強い信頼があった大人が
一番憎むべきだった人だったと気づいたとき
自分ならどんな思いにかられるだろうか。

というか、ある意味自分はいい大人になってるのだけど、
「オレが弱い人間だからだよ」という柏原のセリフに
腹立たしくもあり、寂しさも覚える。

何とか救われるのは?
死には死をもって柏原を成敗する訳ではなくて、「とことん生きていけ」と。

それはそれで残酷でもあるが、
あの「殺すね」のやり取りに重要な意味があったことが
後からわかってしまうことに・・・。それだけに虚しい。

とがみ亭がなければ、
あの3人たちはどうしようもないところに行きそうな気もするけど、
ま、そんなせん索はやめて、新たな出発を切ったところにホッとしないと、
実にやり切れない話なのであった。

カラーは全く違うけど、どちらもなかなか考えさせられた。


2008/12/13

阿部サダヲが「ギラギラ」 (再びテレビ小ネタ集)

風邪はやや回復傾向も、今は鼻に来てます・・・。
だからと言って作業は休んでられないし、ツライところです。
なので、小ネタで。
わざわざ書かんでもと、いろいろ思うところあるけど、とりあえず書いておこう。


■阿部サダヲが蔵之介の物まね?

「OLにっぽん」最終回より。
冒頭、「仕事辞めてどうするの」と問い詰められたサダヲさん。

「ホストにでもなります、仕事辞めてホストになる!今のオレはギラギラしてるぜ

実際のセリフはちと違ったかも。
でも、ちょっとしゃがれた感じの声で、明らかに佐々木蔵之介のマネに大笑い。アドリブ?
難しいテーマながら、ドラマとしては、最終回よくまとめられてたように思った。
いつものパターン?と言えばそうかも知れないけど。


■「相棒」の袴田吉彦

土曜ドラマ劇場の再放送で、袴田吉彦が出てくるシーンがあって、
あれ何?と思っていたのが、ここで放送されるとは。
スゴイ前フリ。
何だかブラッディマンデイみたいだけど。(あちらは第1話でお腹いっぱいになって見てない)


■「うたばん」の水谷豊

長嶋茂雄と撮った写真を12年現像してない豊さん。面白すぎる。
しかもレンズ付フィルムって・・・。
写ってるのか、技術的にも興味津々。
先日の部屋掃除で実は私も出てきたのだった。

来週の吊り下がり登場シーンは必見?


■「風のガーデン」の茶番劇

確かなセリフが思い出せないけど、
緒形拳が「これは茶番です、まずいシナリオだ」みたいなことを言ってて、
何だか「演出:白鳥貞三」って入れてくれたらいいのに、と思ってしまった。
「私がお腹大きくなって・・・」という黒木メイサに、吉本新喜劇か!と突っ込んでしまう。


■「流星の絆」

先週・今週の二宮和也と三浦友和のやり取りがいい。
聞くところによると、演出の方がいいという話も。
タメを効かせた三浦友和の「・・・殺すね」っていうところが特に。

原作読んでないので、真犯人はどうなのかわからないけど
スンナリ柄本明ではないだろうな、という感じだった・・・ならば?

他には、
あと、「ごきブラ」の黒田話でない「黒田の貧乏話(総集編)」が一番、大爆笑だった。
(皆が寄ってたかってウソの話をして、本人は何も言えないというパターン)


まあ、こんなところか。

ではまたいつかお会いできるまで。paper

2008/12/04

見せ場たっぷりの阿部サダヲ

昨日(3日)は、また1つ仕事の区切りをつけたので
発送作業の後、ブログをいくつか更新。
(でも、まだ大きな作業をいくつか抱えている)

その間、水谷豊のFNSを見つけられず(どこまで引っ張るねん)、
TVでは嫁サンが観たがっていた「OLにっぽん」が流れていた。

私はこの番組、あまり観ていなかったので、風呂でも入ろうとしていたら
ラストの阿部サダヲの見せ場たっぷりの演技に足が止まる。

ドラマのクライマックスへと一気に突入した感じだった。
引きつけられたなぁ。 こっちを見て正解だったかも。

--------------------------------------------

今日(4日)は学校へ行って、久々に飲み会もあり。
その間は作業と、大阪市内から郊外、また大阪市内へと移動する予定。
おそらくブログは更新できないと思うので、
今回は深夜のうちに書いておくことにした。
(書く義務はないのだけど)

忙しくなると、何だか書きたくなる傾向があることに気づく。
しばらくやめていた「書き物」をまた始めたくなった今日この頃。
というのも、とある題材が浮かんだのだった。
この忙しさでできるかどうかは不明だけど、
時期を見て、じっくり書いてみたいところだ。。。

2008/11/27

小ネタを一気に。

今週もいろいろ作業や用事が重なって
それほどTVなどは見ていないハズ?なのだけど
ピンポイントで何か興味深いネタにぶち当たるので不思議。

ひとつひとつを丁寧に書いていく気力が落ちているので(汗)
ランダムに並べてみる。


■桂吉弥に天満天神繁昌亭大賞

「大阪天満宮や天神橋筋商店街など地元関係者らが、
入門25年未満で、年間を通じて繁昌亭の名を広くアピールした落語家を選考した賞」ということで
さすが、です。
が、この記事の写真おかしくない?
http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/081126/20081126005.html


■小林聡美のPASCO CM

朝日新聞をチラ見したら、読者の質問コーナーにあった。
今もヘルシンキで撮ってるとか。
ウチでも唯一?邦画で人気の高かった「かもめ食堂」の人気は今も衰えるところなし。
http://www.pasconet.co.jp/chojuku/media/index.html


■ゴンゾウが総合4位

実家にあったテレビジョンを読んでると、これまた発見。そして面白い結果。
年間ドラマベストテンで、読者10位、審査員1位で、堂々の4位 ^^;
ちなみに古沢良太氏は脚本賞、内野聖陽は男優で2位。


■TOTOがピンクレディーを?

朝、トイレに入ってると、なぜかTOTOの「ガール・グッドバイ」が頭をかすめた。
(ちなみにウチはINAXだけど)
で、このサビがほんの一瞬、「ペッパー警部」だということに気づく。今頃。
しかも、「二人を引き裂く声がしたのよ」のミーがハモってる部分に通じるメロディーラインもあるような・・・。
偶然だろうけど。


■ちちん○い○いで某御大が・・・

休日でも受験勉強に励む小学生に向かって
「いっぱいちにまみれる」って漢字で書けるか、とわざわざ言ってるのを聞いて、寒くなる。
当然答えられない小学生たち。って私もわからんかったけど。
「一敗地に塗れる」って書くそうで勉強になりました。

ちなみに、この意味、
「再び立ち上がれないほど徹底的に打ち負かされる」
なんだそう。 いいんか、それで。 受験勉強もどうだか、とは思うけど。


■ケミストリーが牛丼

MTVにて。
鉄平というVJが、
「ケミストリーの2人が仲良く、某オレンジ色の牛丼屋で食べてるのを見て驚いた」と、
本人たちの前で言ってたから間違いない。本当に仲がよろしいようで。
って、牛丼を食べてるケミストリー・・・。


■中島美嘉が○クドナルドで名指し苦情を受ける

って、昔の話らしいけど。
夕べの深夜番組でバイト時代の話を。
某大手ハンバーガーショップでスマイルをレジで打ち込んでたそうだ。
愛想のなさで?客から「名指し」で苦情メモが来ていたらしい。

名指しって、名字だけだろうけど、
それが今やこれだけのアーティストになってるとは
書いた人も気づいてないでしょうね。

・・・・・・十分、書く気力あるやん(爆)。
また当分休みます。
何もなければ。


2008/11/26

紅白、誰に注目?

昨日、実家に寄った際、
紅白の出場歌手が決まったことを知った。

個人的には、やはり水谷豊、中島美嘉、平原綾香と
ドラマ主題歌(まだ曲は決まってないけど、って水谷豊は何を歌う?)絡みで。

で、母親に、誰が注目?と聞いてみた。すかさず、

「東方神起!」

ガクッ!もうズッコケ。70になる母親の言うことか! (人のことは言えない?)

「嫌いなのは、中○美○子、一○○、川○○幸、○○や子・・・」
そこまで聞いてないっちゅうに。

東方神起は礼儀正しくて、踊り(本人の言葉による)が上手いんだそうだ。
ニュースで流れたPVを観て、「これはバラードだから踊りがなくて、別の歌がいい」とまで言う始末。

いやいや、恐れ入る・・・。

2008/11/23

中島美嘉、劇中で歌う

土曜も仕事・・・。
今日の晩に、録画していた「流星の絆」を見る。

ドラマの中で歌うシーンって、
最近にない演出のような気がするが、どうなんだろう?
すべての番組を観たわけではないので、断言はできない。

何だか懐かしかった。
久世演出をも思わせたり・・・。

2008/11/15

流星の絆を4話分

一気に観た。お腹一杯である。
観るたびにハヤシライス(ハヤシさんライスではなく)が食べたくなって
でも、ないもんだから、
晩飯の後にまだお茶漬けを食べて、最後の方はポテトチップスを。
極めて不健康だ。

何か金曜はいろいろ用事があったりで一部しか見てなかったのを
観た部分は早送りしながら、再度通して観て、現在に至る。
ようやく追いついた。

やはり三浦友和なんだよなぁ。
三浦友和と国広富之の共演というのは、
かつての山口百恵の赤いシリーズの頃には
考えられなかった?ことである。
お互い相手役だったし。
(そういえば、麻生祐未はかつて山口百恵っぽいところがあったような)

おまけに三浦友和がチョコレートを食べてるのを観ると
セシルチョコレートが食べたくなってしまう。
単なるカレーの隠し味ではなく、この演技がドラマの隠し味になってたり(ん?)。
奔放な役が似合う人になってきた。

・・・ホント古い話。
ドラマはここへ来て急展開してきたのに
こんなオッサンネタですみません。。。
(本論は皆書いていることでしょうし)


P.S.
女性歌手的に「こっち」は中島美嘉に注目か。

2008/11/13

ノクターンのあとに松尾スズキ

どうやら、この季節のドラマでは
「風のガーデン」に最もハマりそうである。

と言っても、まともに観たのは、まだ第2回まで。(おいおい)

重いなぁと思いつつ、いつの間にか入り込んでしまう。
死を迎えるとわかったとき、どれだけバカをやってたとしても
いろんな狭間で揺れ動く葛藤を中井貴一(大天使ガブリエル、通称ガブ)が巧みに演じている。
もちろん、時折笑いもあるが、
根底には、作り手によって刻み込まれた芯の太いテーマがある。

そのトーンを作っている1つが、平原綾香の「ノクターン」。
ショパンの曲がモチーフとなった、Jupiter的な歌なのだが
(ノクターンをまともに聴いてないので)予期しない音が、じんわりと染みてくる。

ノクターン/カンパニュラの恋ノクターン/カンパニュラの恋
平原綾香 史香

DREAMUSIC( C)(M) 2008-11-12
売り上げランキング : 140
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

そして、エンドロールとともに流れる映像。
ラストシーンで家の中を流れるように見ているのは、死んだ後の自分なんだろうかと。


で、そんな空気の後に日本郵便のCMが。
谷村美月が出ているもの。
あ、と思った。
一瞬だけ映る父親らしき男性は、松尾スズキでは?
ヒゲなかった?

よく調べたら松尾さんのブログ(11月10日)にしっかりと書かれてあった。
http://matsuo-chan.at.webry.info/200811/article_2.html
そして驚くべき事実が・・・(?)

谷村美月の父親は39歳なんだそうだ。
何だか悩んでいる気配の松尾さんなのであった。
(こちらも何という終わり方なんだ)

2008/11/12

本当に「最後のニュース」

昨日、作業しながらで失礼な話だが、筑紫哲也さんの追悼番組を見る。

思想的には他に様々な考えがあって、すべての人たちに良く思われている方ではないだろうが
今ある厳しい局面や、弱者を排除するような権力に対して、
常に真摯に対峙し、追求して来られたことは間違いない。
また、文化・芸能にも造詣が深かったことも知っている。

自然と途中から手が止まってしまい、ずっと見てしまった。
そしてラストの井上陽水の「最後のニュース」。

生ではなかったような気がするけど

「今あなたにGood-Night  ただあなたにGood-Bye」

の部分はさすがに声が震えていた。

いつもなら何事にも揺るがないような、毅然とした陽水の歌声が
この日だけは違った。
こんな歌声はあまり聴いたことがない。

この歌を作ったとき、まさかこんな形で歌うことになるとは思ってもみなかっただろう。
本当に「最後のニュース」となってしまったのだから。。。


2008/11/11

新ひだか町に鶴瓶とウエンツ

P081111

札幌みやげに買ったこんぶ焼酎がなくなったなぁ、とヨメさんと言ってた矢先のこと。

たまたまついてたTVから「鶴瓶の家族に乾杯」が流れてくる。
ほとんど見ない番組なのだが(失礼)、のっけから映った馬の映像で一気に見てしまった。板尾の「HEY!HEY!HEY!」はわかってたのだけど。
http://www.nhk.or.jp/kanpai/

笑福亭鶴瓶と、ゲストのウエンツ瑛士が立っていたのは
静内の二十間道路の駐車場。
桜舞馬公園だっけ、テスコボーイ像の前から始まっていた。
私たちも2回ほど行ったことのある場所だ。
懐かしい~。

いきなり三木田乗馬学校に2人が訪れ、馬に跨っていたのだが
(「ワン介」ことテンクウワンダーといって、あとで調べたら中央で2戦していた。とてもおとなしかった)
ここのご家族がとてもいい感じの方々だった。

ウエンツは「競馬は見ないけど、馬が大好きで乗りたい」と言ってた(って、小池徹平は・・・関係ないか)が、
経験があるようでなかなかの乗り方。
馬が警戒しない、と感心されていたくらい。
至る所で「白い、白い」と言われていたのに笑う。

その後、鶴瓶は白井牧場へ、ウエンツは牧草刈りの体験に。
来週は静内高校などを訪れる内容らしい。

番組の特性上、いきなりの訪問は当たり前なのだが、
一般人ではマナー違反となるので、真似しないように。
って、完全に別ブログのネタやなぁ。

で、一番言いたかったのは、
新ひだか町の紹介VTRで、こんぶが名産となっていたのだが
地元の方々が持ってた「こんぶ焼酎」が、
まさに写真の焼酎だったのでビックリ。

ネットで買おうかと言ってたところだっただけに・・・。
札幌の居酒屋ですっかりハマってしまったソフトな味わい。
こんぶ使用割合が5パーセント以上というのも、他にあるそうで、今度はそっちにしようか?
(かなり磯くさく?なるそうですが)

ちなみに、こんぶワインもあるそうです。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...