iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2009/04/02

ついに見つけてしまった八反・・・

先日、中古店めぐりで最後に寄った日本橋の某店で、
またしても気になる音楽が流れてる。

ブランキーっぽいけど、そうじゃない。
ちょっとGSっぽい歌い方だけど、そうじゃない。
ブルースでファンキー、う~ん、誰?

気になって気になって、
でも思い切って聞けない小心者の私は
いつものように、とりあえず何か買おうと。

レジでなら気安く聞けると、いつも考えてる私は
どう考えても損するタイプだ。

ここはDVDもCDも結構揃っているものの、
DVDはあまり食指が動かなくて、
金額的にもCDだな、と思ってた私。

「あ」行からず~っと見てもいいのがない、
ついに「わ」まで行ってしまった。

逆から行こう。「ら」「や」「ま」「は」・・・
八反・・・八反安未果・・・う~ん、

ん sign02

Rico003_2

は、八反田理子、ああっ! 

Rico002

見つけてしまった! 八反田理子のCD。
もう少しで八反安未果と思ってスルーするところ(失礼)だった。

即買い。レジへ走り、さっきの曲はどうでもいいって感じで(ウソ)
精算を済ませました。

Rico005

クレジットを見ると、大木雄司、沖山優司、沼澤尚などの名前が並んでいる。
そして田口トモロヲ、松尾スズキの名も。
(「KAMAKURA」の「イチロウ」ってのが、妙に気になるんだけどなぁ・・・誰?)

すでに大人計画ともつながっていたようで。(舞台で歌ってた頃までは知らなかったので、すみません)

参加ミュージシャンがこうであれば
サウンドはしっかり作られてますね。二度ビックリ。

確かに今向きではない、打ち込みも多様されてる面もありますが
これ聴き込んでしまいました。

「形から入ろう」を聞いたときのコーラスは、一瞬だけNOKKOかと思ってしまった。
とにかく初めて聴いたので声が新鮮。

90年代サウンドだけど、アンサンブルのバランスがよいから、心地よい。
だからサビの「形から入ろう」が生きてくるんだろうなぁ。。。
ああ、トモロヲさんのセリフが!

Rico004

「Moon Night」は、ユーミン2回目の全盛期時の楽曲かと思った・・・。すごいアレンジ。

「尊敬されたい」の最後で、突然外したように終わるピアノの音とその余韻は
ビートルズの「A Day in The Life」のそれみたい。

「Just A Moment」や「OVER THE RAIN」は、アダルトな雰囲気が漂う高質のポップス。

「KAMAKURA」は笑える。これ舞台向き。
でもストリングスを使ったアレンジは最高である。
何度も言うが、サエキイチロウって誰やねん!happy01

「ラッキィで憂鬱」は昭和歌謡の雰囲気もあってホーンなどが多彩。

「ぐるぐるアース」の

アセル みんな口々ブランニューMusic
ファンクパンクインク ちんぶんカンプン

ってところは、意外とホンネなのかも?

それなら廻す 地球を廻そう
誰がなんてったて廻すぞ

ん~豪快coldsweats01

「間違い2≠正解」は、「真理は別のところにある」的なひねくれた歌詞が好きだ。
遊びっぽい歌なんだけど。


92年の作品なのに、ここまで聴いてしまうなんて。
ん~侮れない、八反田理子。


P.S.
さっき、回りまわっていただいた情報によると
この春から始まった教育テレビの「みいつけた!」に
三宅弘城が出ていて、何やら体操を子供とやっているらしい。

4~5歳児向けということもあって?
クドカンが詞を書いて、星野源が作曲しているとか。
そして振付がもちろん、八反田さんらしい。。。

まだノーチェックなので、いただいた情報と下記サイトの内容のみで書いています。あしからず。

http://www.nhk.or.jp/kids/program/miitsuketa.html


2009/03/01

京セラドーム大阪で見つけたもの(3)

200902251620000

これもボケてます、すみません。
ジュリーこと、沢田研二と小田和正の手形。
これらが最新で、昨年(08年)暮れの公演時のものでした。
ですので、ファンでも知らない方がいるかも。

他にも、ストーンズ、エアロスミス(手形というより拳形)、GLAYなどがありました。


(09/03/03 追記)
あまりに反響が大きかったので、ドームの説明ページを追加しておきますね。
http://www.kyoceradome-osaka.jp/floor_guide/restaurant.html#11
↑ページ上に場所も記載されています。
場所は、チケットを買わなくても入れる2Fのグルメ&ショッピングフロア(グリンドムモール)内。

ただし、ガラス張りで実際に触れることはできませんので。。。

2009/02/28

京セラドーム大阪で見つけたもの(2)

200902251619000

Mr.childrenの手形。05年とあります。
どれが桜井和寿のものだったっけ・・・。
ピンボケですね、すみません。

2009/02/27

京セラドーム大阪で見つけたもの

200902251621000

って、あまり行ったことがなかったので
知らなかっただけですが・・・

2Fのレストランなどが入っている通路に
公演したことがあるミュージシャン、アーティストの
手形が飾ってあるのですね。初めて知った。

結構前から、こんな風習?があるみたいで
邦・洋、問わず、多くのアーティストの手形がありました。

さすがに、一番派手に飾られていたのは
金本の連続出場試合記録達成時の手形でしたが・・・


ちなみに、写真は、イエローモンキーの01年のライヴ時のものだそうです。
ヒーセとアニーは写真でもわかると思います。


2008/10/14

地元で観劇、意外な発見。

先週、地元の八尾で行われた、ふるさときゃらばんのミュージカル「地震カミナリ火事オヤジ」を観た。
→ 舞台自体の簡単な感想はこちらを

で、この中で、東京から田舎のまちへやってきた娘が出てくるのだが、
この長身の女優さんが、役柄もあってか派手なスタイルで、しかもミニスカ。

ミュージカルだけに、踊ったりするわけで
私たち(ヨメさんと観に行った)は、やや後ろの横だったけど、
まん前に座ってた人は、目のやり場に困るだろうな(?)~と、思っていたり・・・

で、公演を終えたら、役者の方々が観客を見送りに出られていて、運よく握手などしてもらえたのだが coldsweats01
その容貌、声の感じ、タレントの誰かに似てるなぁ~と思っていたのだった。

まぁ、でも調べるまでもないかと、およそ1週間経った今日までそのままだったのだが
ふと思い出して調べてみたら、ビックリ! その女優さん、









  「サト○リの姉」   だった sign03 

→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%B1%9F%E6%A2%A8%E5%AD%90(人物・エピソード欄 参照)

2008/10/09

近寄るなオーラ

今日、今度の飲み会の店探しに
梅田のお初天神通り付近を歩いていたら
前方にタクシーが停車。

降りてきたのは松葉杖の男性だった。
特に大きな荷物もないようなので
お手伝いする必要もないかな、と思っていたら、
この方、パーマヘアに帽子を被って、さらにマスクをしている。

明らかに見られたくないオーラを醸し出しているのだ。

わずかに見えている特徴的な大きな目。あれ?

ううぅ、も、もしかして、この方は シ○○○ー○ットの○○水では・・・

ええ、でもこんなケガしてたっけ?似てる人?
って家に帰って調べたら、やっぱり。 ケガしてた。

ホントにご本人だったら、ヘンに声かけるとかえって目立ってご迷惑だったかも。
と、咄嗟の一言が出せなくて、良心の呵責に苦しむ自分に言い聞かせている。 coldsweats02

2008/04/05

グループ魂新作と松尾スズキ大阪イベント

昨日、タワレコ曰く情報皆勤となった
グループ魂のニューアルバム。


グループ魂「ぱつんぱつん」

秩父のイベントからそんな予感はしてたのだが、
そのまんまのタイトルでした。

で、宣伝文句から見る注目点が2つ。
・横山剣(クレイジーケンバンド)書き下ろしによる後期クラッシュを彷彿とさせる「欧陽菲菲」
・デュエットに杏子を迎えた「片付けられない7Days」

って・・・さすが笑える。

前者の、後期クラッシュを彷彿とさせる「欧陽菲菲」は、何が何だか全く想像つかないし、後者はまるでバービーボーイズの「なんだったんだ?7days」だし・・・(キラークイーン666を思い出すなぁ)


もう1つのトピックスは松尾スズキの新本発刊による大阪イベント。
ジュンク堂のサイン会はすでにブログ書店で公表されているが、タワレコNU茶屋町店で同じ日にトークイベントがあるそうだ。

詳細
http://www.towerrecords.jp/store/store96.html

どちらにしても本を買わないといけないんだけど・・・ね。
サイン会に緊張する私たち(爆)はタワレコに行く予定。今のところ。

2008/02/25

濱田金吾って

浜田省吾の誤字じゃありません。念のため。
音楽通の方ならご存知でしょう。
(最近は「ハマショー」なるタレントもいるらしいが・・・)

前回からの懐かし話のついでに
この方のことも書いておきましょう。
と言っても、
まだまだ現役で活動されているそうです。


実は、とあるアーティストのライヴ映像を観たところ
濱田金吾のリバイバルだ!
と思ったら、全くの別曲。

冒頭の1フレーズ、
そしてもう1つ符号するメロディーラインもあってビックリ。

まぁ、こういうことをつつくと
あれもこれも、って話になるし、
そのアーティストは気に入ってたりもするし(ん?)、
書いてる目的はちょっと違います。


ただ、濱田金吾という人が
20年以上も前にこういう佳曲を発表していた、
という事実だけでも知ってもらえれば嬉しいだけで。

いろいろ探してみると
試聴できるサイトがなかなかなくて
困っていたところ、
まさかと思った、タワレコにありました!
灯台下暗し。

Manhattan in the Rain

それも最近出たベスト盤でなく
ファーストアルバム「Manhattan in the Rain」に
試聴があったというからビックリ。

ここで私が言っているのは
1曲目の「May Sick」というナンバーです。

「May Sick」は濱田金吾の中では
最も印象深い曲。
私自身はまだ青かったので歌詞に出てくる
「1969」の意味すらわかっていなかった。

「Manhattan in the Rain」は確か
1枚目からN.Y.録音で話題を集めたり
その後のアルバムで松下誠が参加したりと
音楽的にもかなり注目されていたと記憶している。

元々、姉が「裏窓」という曲を気に入っていて
その影響で聴いたのだが、
さらに佐野元春、杉真理、網倉一也ら4人で
独自のムーブメントを行ったことで
私も知るようになった次第。

作曲提供でも
岩崎宏美の「摩天楼」などがヒット。
レイジー(!)の「Midnight Boxer」は
ご自分でも歌われてます。

ちなみに、少し前には何と
NHKの「てれび絵本」という番組の音楽を担当されていたらしい。
全く知らなかった。


思わぬところから
ちょっとマニアックな話に走ってしまいました。。。
(いつも?)

2008/01/09

婦人公論に佐野元春

P080109


ヨメさんが見つけてきてくれた。

新春特別号ということなのか、坂東玉三郎や吉永小百合に某スピリチャル・カウンセラー、さらには某女性競馬ライターが出ていたりと、ある意味豪華な面々のなかに掲載されていたのが、佐野元春のインタビュー記事。

「詩創作論2」と題して、立教大学の講師を務めているのは知ってたけど、具体的な内容に触れている話はこれが初めて。

「古池や蛙飛び込む水の音」のあとにもうひとつ音がある、ということ、
また、「かつて自分の書く詩を批判してくれた友人がいたからこそ、トレーニングができた」などと語っているあたりが興味深かった。

立教大学の学生がうらやましい。。。^^;

後者については、全くおこがましくて、おそれ多い話なんだけど、よく似た思いをしたことがある。
かつての職場で誰にも口を出させない雰囲気を作ってしまったなかで、一人だけ厳しく言ってくれた人が私にもいたのだった。そのおかげがあって自らの言葉を見つめ直すことができたんだなぁ、と。
ふとそんなことを思い出した。

ホント、私の場合はレベルが低いのだけど。。。
しかも書き殴ってるだけのここで言うなって?

2007/12/20

「ちりとてちん」と「のだめカンタービレ」

ただ漠然と思ったのだけど、
この2つの持つ雰囲気って似てるのではないかと。
実際、話の構造が同じだという分析もあるようで。

で、のだめが好きな人はちりとてちんも好きで、
その逆も真ではないかと。


P.S.
ちなみに波岡一喜くんは両方に出てますね。
あぁ、アフロは!?

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 映画・テレビ | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...