iTunes

♪Amazon♪

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2013/07/20

風は西から


オールスターゲームをTV観戦してたら、盛んに流れてきたCM。
スポンサーがMAZDAなので。
しかも、広島出身の奥田民生がこのCMのために書き下ろしたという
「風は西から」が、いい感じ。

っていうか、「風は南から」という、鹿児島出身、長渕剛の昔のアルバムタイトルも思い出したり(笑)
(余談)

 


続きを読む "風は西から" »

2013/05/10

すばらしい日々 矢野顕子ヴァージョン


すばらしい日々 矢野顕子

矢野顕子の独特の感性、解釈による「すばらしい日々」の弾き語り。

投稿者のコメントにあるように、画質も音質もまったくよくないのだが、
そんな条件の悪さを跳ねのけるほどの歌唱力と演奏力に圧倒される。

後半のたたみかけるような盛り上がりなんて、特に。

2013/04/17

すばらしい日々だ 力あふれ

う~ん、仕事で解決しない問題がでてきて、頭抱えてます。寝られません。
気分転換にこれを。でも簡単に。

「バラ色の日々」に民生ヴァージョンも紹介したけど、この曲もポジティブとネガティブが混在する歌。ファンの間でもいろんな解釈(一時脱退した、川西さんへという説も)があるようで、個人的にもやや難解。


ただ、こちらは明らかにネガティブが勝っている。 それでも「すばらしい日々」というのが、この歌の持つ魅力、ということか。 


それなのに、ユニコーンが再結成した途端に、この歌の評価が変わったファンもいるようですね。


続きを読む "すばらしい日々だ 力あふれ" »

2010/09/06

いろんな意味で熱かったOTODAMA'10

P10090401

ツイッターでもつぶやいたけど、この猛暑のなか
いい歳したオッサンが今年もこのライヴに参戦(もちろん観る方ですが・・・)。
よくやります。いい加減にしろっ、と言われそうですが。
次の日(昨日)はシゴトだったので、今日になってバテてます、かなり。

しかしながら、それくらい豪華なメンバーが揃った今年のOTODAMAなのでした。

ビー○ルのラストという話題が大きくクローズアップされたこともあってか
史上初のチケット完売。音泉さんも嬉しい悲鳴だったことでしょう。


あまり細かく書く元気もないですが、ざっとだけでご勘弁を・・・That。
(わが家的に面白かったところを中心に、箇条書きで)

9時半に泉大津へ着けば、余裕で10時に間に合うだろうと思っていたら
まさかのシャトルバス大行列に遭い、ひとりトモフは観られず・・・。


●OKAMOTO'S
どうも、OTODAMAと空目してしまう。
20歳くらいのイキのいい音。
あまりやっていないという、WHOの「The Kids Are Alright」を演奏していたりして、
そんな感覚も持ってるのか、と思ったりも。


●物販でTOMOVSKY
YRのRさんが、トモフの物販に並び、本人にサインをもらい握手してもらう。
OTODAMAならでは。

P10090402


●はかまだ卓バンド(SET YOU FREE テント)
サードクラスのはかまだクンと、ワタナベイビー・TOMOVSKYのトリオ。
何とトモフがドラム。大浴場ではミドリの音が聴こえてきていて
トモフさんは「私がホントのミドリよ!」と絶叫。

いつも思うけど、はかまだくんは独特の面白い歌詞を書くなぁ。


●ビートモーターズ
Rさんが、とてもよかった、と言っていた。
今度CDを買う気満々のようだ。


●長田進 with GRAPEVINE (GUEST:奥田民生)
まだアルバムも聴いてなかったのだけど(ごめんなさい)
大人のロック、貫禄を感じさせる音のつくり。長田のギタープレイが圧倒させる。
久しぶりに長田の生歌、グレイプバインも「風待ち」で懐かしい楽曲を。
ただ、この時はステージ直射日光がピークで、タイヘンだった思う。

後半ゲストで民生が出てきたのだが、予想通り
スタンディングエリアの後方にいた観客が、
前へ行く、行く、お前ら今かよ、ってツッコミを入れたくなる感じ。
まるであの時みたい。
いやいや、民生さんの存在感にも参りました。


●アナログフィッシュ
結構好きなバンド。ドラムが復帰していて嬉しい。
懐かしい曲も演奏していた。
でも、この日は何か個人的にはインパクトがなかった・・・
なぜなんだろう。


●FUNKY4(ライブハウステント)
要はScoobie Do(笑)。アナログフィッシュと時間が被り、Rさん情報。
赤白のボーダーだった、コヤマシュウが「楳図かずお改め・・・」とか
MOBYは「青山テルマ」とメンバー紹介されてたとか。。。
(本名は○chで調べてください、って)

で結局、最後はScoobie Doと名乗ってたそうだ(笑)。


●バンドTOMOVSKY(SET YOU FREE テント)
ないと思っていた、まさかのバンドトモフ。「歌う44歳」。
思えば、トモフを知ったのは4年前のOTODAMAだった。

もちろんベースもハルさんで。
脳・カンチガイなども聴けてよかった。
(ステージが近いので)
「ちゃんと終わらないとCocco、いやCoccoさんに怒られる」とトモフ(笑)


●Cocco
トモフの演奏が終わったのを見計らったかのように
「強く儚い者たち」のイントロが奏でられる。
夕陽も沈み加減で、とても心地よい。

メンバー紹介以外はほとんどMCなしで
「ニライカナイ 」「絹ずれ」などの新曲も聴けた。
この世界観は、誰も真似できない。


●怒髪天
ビー○ルのオープニング曲が流れて
皆お面をカブって出てきて、場内大爆笑。

http://otodama-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-145b.html

しかも1曲目は「BE MY WIFE」ならぬ「嫁に来ないか」(by 坂さん)
増子さん「英語がカミカミでタイヘンだった」とか。

しかし、露天風呂ステージとは言え、あれだけの観客を沸かせるとは、
怒髪さんたちもスゴイバンドになったものです。
「オトナのススメ」ではほとんどが両手を挙げての大盛り上がり。スバラシイ光景。


※一気に書ききれないので、
 その他、また思い出した内容など追加していきます。


P.S.
OTODAMA'10の打ち上げ風景が
CAPITAL RADIO ONE のBLOGに掲載されていますが
面白すぎます(笑)

http://capitalradio1.jugem.jp/?eid=600

2010/06/24

HiGEのニューアルバムはやはり・・・

凄そうです。

奥田民生プロデュースに加え、川西さんまで参加されているそうです。
その他、土屋昌巳もプロデュース参加・ドラムに金子ノブアキ。

HiGEと言えばツインドラムのハズですが、ドラム参加が2人・・・

奥田さんは
「ひげにはドラムが2人もいるだけでもすごいのに、
なおかつ別のひとにドラムをやらせる。すごい。 」
とコメントされていますが(笑)


で、曲リストを見て驚いたのが
あの「青空」が1曲目にクレジットされていること。
が、プロデュースはなぜか土屋さんでした。
ちょっと不思議な感じ。

いずれにしても、かなり期待できるアルバム。
今から楽しみだ。

サンシャイン(ニューアルバム・初回限定盤)(DVD付)サンシャイン(ニューアルバム・初回限定盤)(DVD付)
HiGE

ビクターエンタテインメント 2010-07-14
売り上げランキング : 337

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2010/02/19

奥田民生が髭(HiGE)を !?

プロデュースしているという話が今ネットで流れていて、(近い筋の方が自身のブログで書いているようで)
しまった!?と思った。

最初、プロデュースとは聞いてなかったので
まさか、アノ歌を歌ったんじゃないのか!?と勘違いしたのだ。

アノ歌っていうのはこれ。↓

「コトバダイブしよう」のCM。
AC(公共広告機構)のです。

これ、ホントに髭(HiGE)?っていうくらい
ちょっとメロウなバラードで、
普段のハードな曲調からは全く想像つかなかった。
民生っぽいメロディーの展開にも通じてるような。


この曲については、ここで書こうとずっと思ってて、
何やかんやで後回しにしてたんだけど、
今、あわてて書いてます(汗)。

民生がどこまでプロデュースするのかわからないけど
髭(HiGE)については、土屋昌巳も関わってたりするようなので
今年は何かと仕掛けてきそうな雰囲気。

さっきも言ったけど、昨年末の「RADIO CRAZY」でも客に迎合せず、
自身の音楽をハードに聴かせてただけに
この曲で判断してはいけないバンド。
(そういう理由か、CD化はされていないようで)

どういう路線となるのか不明だけど、
「6th albumは傑作になると思う」そうで(須藤寿曰く)
いずれにしても、今後が気になる存在であることは間違いないだろう。


(追記)
「青空」は7月発売のニューアルバムに収録されていて
土屋さんのプロデュースのようです。

2009/10/21

FM802のRADIO CRAZYが気になる。

年末の大阪に佐野元春・ユニコーン、「帰って来たナニワサリバンショー」と
気になるニュースが流れてます。
とりあえず報告まで。
http://natalie.mu/news/show/id/22694

twitter(右)でも、いろいろ思いをめぐらせてみました →

FM802 公式ページ
http://radiocrazy.fm/top.html

2009/09/13

ザ・ソングライターズ 佐野元春×矢野顕子 【PART2】

2日目は学生の5W1Hで書いた言葉によるワークショップ。
(その名も「愛をめぐる5W1H」!)

ワークショップにおける即興とは言え、
曲の生まれる瞬間に、少し震えてしまう。
テレビで見ててこれだから、現場にいれば、なおさらだろう。

その光景を目の当たりにできた方たちにとっては、貴重な体験だったに違いない。
うらやましい。

ちなみに、カットされた部分では、
彼女がフレーズを探っていった経過があるそうで、
実際はこの箇所に神髄が見えたんだそうだ。

リライトさせられた元春も素晴らしかった。
字がきたない、って言われてましたが ううぅ・・・^^;
(矢野顕子に振られたとき、書いてるときの、元春のあんな表情は初めて見たかも。)


学生からの質問、その答えのすべてが興味深かったのも、
この番組では一番かも知れない。自分の中では。

特に、「自分の曲が違う解釈をされたときは失敗だと思うか?」
という質問には、奥田民生に「ラーメン食べたい」をカヴァーされたことを引き合いに出した。


「彼がギター1本でかき鳴らして『ラ~メン』って歌うと、あたしが食べたいラーメンじゃないの。
なのにね、すっごくいいんですよ。
で、その時には私とは違うラーメンにすごい湯気が立ってて、うまそうなの。
《略》
歌い手であろうが、聴く人であろうが、むしろ、他の人の想像力がどんどん入ってくれた方が、
その曲は喜ぶんじゃないかと思う」

音楽を自分のものとしてでなく、皆で共有するという喜び。
それを知ってる人だからこそ、言えるんだろう。懐が深いというか。


さらに、最後は、音楽論というより人生論にも通じる質問。
「女であることに対して、どう考えているか(実際は女であることに不公平を感じるの意)」


「社会とは不公平にできているもの。それを変えたいのはやまやまだけど、おそらく変わらない。
ならば、こちらが考え方を変えよう、と。

で、幸せであることに何が必要かというと、
自分の存在意義があることに認識を高く持つこと。
であれば、男であろうが女であろうが関係ない。

アーティストの場合は、自分の作るモノによって評価されるわけです。
(他の仕事であっても)自分の満足するやり方を確立して進んでいけば、
例え負けることがあっても、OKだから。

そういう姿を認めてくれる人っていうのは、意外といるもんですよ」


ちょっと省略しながら、書き取った(汗)。
この最後の言葉、聞けてよかったなぁと思う。
私は男だけど、関係なく噛みしめることができる。

音楽以外ではあまり触れる機会のない、
矢野顕子の姿を観た思いがした。。。

(追記)
THE SONGWRITERS はギャラクシー賞の月間賞をとったそうです。


2009/09/07

バンドブーム再び?のOTODAMA'09

今年はヨメさんが行く気満々で朝から、
私は仕事が気になってたので昼から参戦した、
OTODAMA(音泉魂)@泉大津フェニックス。

あまり細かく書く気力がないので、(いきなりやる気なしモード。先に謝っておきます)
ほぼ箇条書き状態で、かつちょっとだけのコメントもあるので、期待された方は申し訳ありませぬ。
もちろん観たとこから。


・サードクラス+ワタナベイビー

SET YOU FREEテントにて。
TOMOVSKYのバックでご機嫌な演奏を聴かせてくれるサードクラスを初めて聴いた。
ベースの人が見たことあるなぁ、と思ったら、ホフディランのワタナベイビーだった。
意外と?ゆるい感じでなごむ。ハカマダくんは網走出身なのだとか。

ワタナベイビー、さかんに「物販」コメント。
でも、あのTシャツ買えばよかったかも。


・カジヒデキ

露天風呂ステージ。
サードクラスと少し重なってしまったので途中から。
結構ファンが多いんだなぁ(失礼)と、思いながら
ステージを見ると、ギターは木暮晋也だった。
おお、ここで観られるとは。


・The ピーズ

後から考えれば、何と10曲もやってた。曲の長さもあるだろうけど。
メインステージの演奏がホント気持ち良さそうだった。

印象に残ったハルのコメント。

「(シンイチロウに向かって)ピロウズ20周年おめでとうございます。もうすぐ武道館だそうで。
フラワーカンパニーズも20周年、怒髪天も25周年だそうで、今日は打ち上げは来るみたい」


・BO GUMBO3

本日の注目バンド。
3ピースでこれだけぶ厚い音でグルーヴを出せるバンドはなかなかいない。
Dr.Toshiが空を指差して「あの男がいます」と。
何だかこの音を聴いてたら、ホントに見守ってくれてるような気がした。
ただ、それだけに切なさも感じたり・・・。

「見返り不美人」でのDr.kyonのピアノが最高だった。
彼らを知らない若い世代も楽しそうにノッていたのが印象的。

BO GUMBOS LIVE at 磔磔 1988BO GUMBOS LIVE at 磔磔 1988
BO GUMBOS

UK.PROJECT 2000-12-08
売り上げランキング : 69854
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・POLYSICS

林くんのコメント
「今日は僕たちが影響を受けた先輩のミュージシャンたちと、このようなフェスで一緒に参加できて、とても嬉しいです」
すべてのバンドを聴いたわけではないけど、彼の言葉が妙に頭の片隅に残っている。


・TOMOVSKY

歌う43歳、トモフスキー。
時間が遅いだけに、すっかり酔っ払ってヘロヘロかと思いきや、
意外にも?まともにやってたような。

脳のキーボードイントロで、いきなりイエスタデイを歌いだしたのには笑ったけど。

この頃には陽が落ちて海風が気持ちよく、
トモフも「ハルが前に気持ちよ過ぎて過呼吸になった、って言ってたけど、わかる!気持ちいい」とご機嫌。

BESTBEST
TOMOVSKY

UK.PROJECT 2005-12-07
売り上げランキング : 12855
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

・ユニコーン

メインステージでは月が出て、素晴らしい光景。
実は生で聴くのは初めてなのです(汗)
このバンドの再結成は、懐古趣味的なそれではなく、現在進行形の本気モードなのがよくわかった。
「服部」が全く古くない。昔の曲だけど今日一番気に入った歌。
新旧とりまぜての構成なのに、どれもが今の曲に思えるから不思議。
大迷惑も聴けるなんて、ホント嬉しかった。

「EBIのシャウトがPOLYSICSに負けまいと張り切り過ぎ」と民生が笑っていたのが
面白かった。

2009090519540001_2
↑見づらいですけど、ステージ上に光る丸いのが月。


・フラワーカンパニーズ

前にも書いたけど、「深夜高速」がFM802のヘビーローテーション
(鈴木圭介がMCで何回言っても「ヘビールートーション」になってしまって、タイヘンだった)

になっているためか、フラカンに集まる観客がこれまでのOTODAMAで最も盛り上がってた気がする。
(昨年は見てないけど)

OTODAMA'07の記事
OTODAMA'06の記事
OTODAMA'05の記事

これはタイヘンなことになるかも・・・

深夜高速-生きててよかったの集い-深夜高速-生きててよかったの集い-

SMA 2009-09-16
売り上げランキング : 1244

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


・筋肉少女帯

何と大トリでした。帰る人多いんじゃないかと思ったら、そうでもなくノッてる人多し。
ヨメさん大好きなバンド。すんません、私はもう疲れてました、この頃は。

大槻ケンヂの「いつ何時、どんなフェスでもアウェーだけど、今日はホームのような気がする」というMCに笑う。
本当に後半はかつてのバンドブームの流れだったような。
現在もこうして一度に聴けるのが不思議でもあり、それがまた素晴らしく思う。

ヨメさんはいきなりのダメジャンプに、喜んでました。ストレス発散してたみたい。

それと、大阪の食話から大阪人はメリケン粉魂、そしてなぜか「探偵!ナイトスクープ魂」となって
「オレなんてテーマソング歌えるよ」と言って、いきなりオーケン歌いだすんですわ。
あの円広志の歌を。

そしたら、何と場内大合唱になってしまい、「ここが一番盛り上がってる!」と嘆くオーケンなのでした。
私はあの歌、歌詞まで知らないんだけど・・・(汗)

「日本印度化計画」をやらないと思ったら、アンコールで。
ユニコーンのてっしー、ビークルの加藤、POLYSICSの林も出てきてのラストでした。


しかし、毎度のことながら、こんなバンドの揃え方、清水音泉ならでは。
このようなイベントを開催していただいて、感謝しつつ帰途についた。


2009/07/26

チョットオンチー

イープラスから最速先行?で来たメールにビックリ。

「川西幸一 50歳記念 チョットオンチー栄光の50年
         東京・大阪公演 最速先行受付のお知らせ」

50歳を大ホールで祝ってもらえるなんて、
何て豪華で幸せな公演なのでしょうか。
(ご本人にとって happy02

って、ユニコーンの企画はどこまで続くのだ!?

専用サイトまであります。
http://www.kawanishi50.jp/

その他のカテゴリー

ANATAKIKOU | BO GUMBOS | Cocco | Dr. Strange Love | DVD | GREAT3 | NO MUSIC,NO LIFE | NO MUSIC,NO LIFE(03~08年) | OFFICE CUE関連 | RCサクセション | RIKUO | THE BEATLES | The La's | the pillows | The ピーズ | TOMOVSKY | twitterつぶやきまとめ集 | UA | VINTAGE | あまちゃん | お店情報 | お笑い | くるり | こんなCDありましたけど | ちょっとした発見!? | ちりとてちん | つばさ | ウェブログ・ココログ関連 | ウタカラ(歌宝) | サイト情報・更新情報 | サラリーマンNEO | ザ・ソングライターズ | シアターブルック | スガシカオ | スピッツ | スポーツ | ソウルフラワーユニオン | チケット情報 | テレビ | テレビ(03~08年) | トピックス | ニュース | パソコン・インターネット | フラワーカンパニーズ | ボニーピンク | ライター | ラジオ | レッドウォーリアーズ | 今日の口ずさみ | 佐野元春 | 動画 | 吉井和哉 | 夢日記 | 大人計画関連 | 大人計画関連(04~08年) | 大阪・関西ネタ | 奥田民生(ユニコーン) | 小ネタ集 | 小説・詩・エッセイ | 怒髪天 | 文化・芸術 | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 映画 | 時効警察 | 書籍・雑誌 | 検索ワードBEST10 | 水曜どうでしょう | 水曜どうでしょう(04~08年) | 湯川潮音 | 演劇 | 町田康 | 白井貴子 | 真心ブラザーズ | 競馬 | 転石 | 音楽 | CD購入記 | LIVE鑑賞記 | ~と言えば・・・

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...