♪Amazon♪

« 今ごろ知った「STAY GOLD」 | トップページ

壊れた現実は自由への旋律


「純恋(すみれ)」佐野元春 & ザ・コヨーテバンド
  
  
 
やっと、自分のなかで「Maniju」を受け入れる心境になれたようだ。今ごろ?
 
 
前作「BLOOD MOON」の様々な洋楽パターンが気持ちよすぎて、なかなかすぐに聴くのに時間がかかってしまったのだ。 (言い訳。
  
 

 
 


しかも、この「純恋」(すみれ)という現代の少年に捧げたという曲を なかなか消化しきれなかった。それくらい日々のできごとに追われる毎日だった。
 

多くの佐野ファンが指摘するように、佐野さんの歌詞にはまず「絶望」がありその先の希望へ向けての一歩を踏み出す、そんな思考と感性がいつもそこにある。
 
 
「壊れた現実は自由への旋律」 というのは、まさにそれだろう。 


そういう意味において、この曲をもっと深く掘り下げることもできる。
 

が、純恋(すみれ)についての佐野さんのライナーノーツを読んで、あ、ここにすべて書いてあると知った。
 
 
 
「少年よ、魂のスクリューを全開に」 佐野元春
https://www.moto.co.jp/maniju/sumire/#message
 

(後半のみ引用)
  
僕のささやかな経験からすれば
恋の情熱は希望を生む
 
大人になっていく君にとって
その希望は、良い友達になると思う
 
もし今君に、心惹かれるひとがいたら
もののわかったふりしている大人たちのことなど気にせず
その窓から這い出して、夜空の星を見上げてほしい
 
そして世界と分かちあう言葉と振るまいを身にまとい
そのひとのことを守ってほしい
 
少年よ、魂のスクリューを全開に
 
うまくいったらおめでとう
うまくいかなくても、少しだけ前進
 
思春期、魔法の季節
 
心配しなくていいよ
恋する力で世界を見返せ
 
ひとつ確かなのは
その頃を生きる君には
魔法の力が備わっているのだから

  
  
 

もう私がどうこう言うことありません(汗)
 
 
これは今の少年少女に限らず、現在を様々な形で生きようとするわたしたちにも痛烈に響いてくれるんじゃないかな。 「壊れた現実~」という表現はかなり練られた表現に思えてしまう。

 
しかし、10月20日に佐野さんが大阪にやってくるのに、どうしてぼくは大阪にいないんだ(涙)

 

 
 

« 今ごろ知った「STAY GOLD」 | トップページ

佐野元春」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/67209872

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れた現実は自由への旋律:

« 今ごろ知った「STAY GOLD」 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

PR♪