iTunes

♪Amazon♪

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 迷いを振り切って、次へ向かう | トップページ | 明日、境界線を越えていこう »

2015/07/25

「BLOOD MOON」 届く - 私の太陽 -

今朝、「BLOOD MOON」が届いた。

朝から仕事しながら、かけっぱなしだ。 昼からは猛暑のなか、別の仕事で出かけなくてはならない。

メッセージ性が高いとの触れ込みだったので、いささか危うい気もしていたのだけど、コヨーテバンドのビートの効いたバンドサウンドが伴って、そのレベルの高さに嬉しい意味で驚いた。(こんな言い方、失礼な話だ。)

攻撃的なメッセージもあるけれど、佐野さんらしいインテリジェンスある言葉が胸を打つ。


こりゃ、この夏、このアルバムで乗り切れそうな気がした。 「バイ・ザ・シー」など、いくつかのダンサブルなナンバーも最高だ。 大げさだけど、天から救いの声が届いたような気がした。 だいじょうぶだ。

だいぶ前、ある人が僕に言った。

「私は太陽ではありませんよ、あなたが輝いてこそ存在する月なのです」

その人は毎晩訪れる孤独な夜を不安に感じていた。


でも、最近、いつのまにかそれが逆になってたような気がした。

佐野さんの歌には「月」がよく出てくる。

その人は、この「BLOOD MOON 」というタイトルを知ったら、どう思うだろうか。 そのなかに「私の太陽」という曲があると知ったら、どう感じるだろうか、たとえそれがメッセージ性があるとしても。どうにでも取れる言葉だから。。。

壊れたビートで
転がってゆくだけさ
このままずっと
桟橋に沿って
不確かな世界
気にしない


壊れたビートで
転がってゆくだけさ
この先ずっと
その手を取って
儚い未来
気にしない


きっと君は
君のまま変わらない

(私の太陽)

アフリカンビートのような跳ねるバンドサウンドに乗せて、僕も立ち向かう。

きっとだいじょうぶ。それでもだいじょうぶだ。

« 迷いを振り切って、次へ向かう | トップページ | 明日、境界線を越えていこう »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

佐野元春」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/61953433

この記事へのトラックバック一覧です: 「BLOOD MOON」 届く - 私の太陽 -:

« 迷いを振り切って、次へ向かう | トップページ | 明日、境界線を越えていこう »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...