iTunes

♪Amazon♪

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« たまらん坂 | トップページ | 不幸や情けなさを、ハードなギターに切ないメロディーで隠す。それがパワーポップ »

2013/03/19

刺激的に生を謳歌する「ZOOEY」

Zoeey2 Zoeey

昨日、打ち合わせの帰りにタワレコ某店へ寄ったら、「ZOOEY」がない!

大阪の郊外であるため、もともと在庫がないのは覚悟していたが
(予約する余裕もなかった、いろんな意味で)
ここのタワレコでまさかそんな売れるの?といろいろ探した結果、
あったのはなんとデラックス限定盤のみ!しかも1枚。

ホントは普通の初回限定でいいと思ってたのです。。。

CDを前に10分弱思案し、(前ならこんなことも考えなかったのに)
「これもなにかの『めぐりあわせ』かも」と、いいように考え、意を決して購入した。
最近、そんなめぐりあわせを大切にしているので。


帰宅して、早速聴くとこれがやはりいい!
慈悲~ や、La Vita e Bella については、すでに書いてきたので、言うまでもなく
MRSでも、すぐに飛び込んできた「ポーラスタア」「 スーパー・ナチュラル・ウーマン」などのロックチューン、
ジャジーなのに、歌詞が強烈な「君と一緒でなけりゃ」など、ここへ来てさらに進化した佐野さんの音楽が並んでいる。(「君と一緒でなけりゃ」はハートランドでお蔵入りになっていたそうだが・・・)


前作「COYOTE」はアーティスティックな印象を受けてたが、今回はあまり難しく考えず、今あることを大切にしよう、謳歌しよう、といったアグレッシブでポジティブな歌が多い。もちろん、その根底にはネガティブな要素を抱えながら、というのは大切なポイントなんだが。

1曲1曲取り上げたくなるアルバムだ。 今日は、「ポーラスタア」を。

以前、沢田研二に書いた頃の楽曲かと思うくらい、弾けてる。
深沼 元昭と、新しく加わった藤田 顕のギターサウンドに重厚さがましている。


ほら、見上げてごらん
冬の星空
あれはポーラスタア
二人の行方 見守るように
瞬きを繰り返している


その心の過去にとらわれて
未来を消さないで
いつだって君の好きなように
命燃やせばいい



デラックス盤にある「ZOOEY」に関する2-3の個人的メモには、佐野さんはこう記している。


「あの人がいてくれる限り大丈夫。そんな人がいてくれると心強い。いつも僕らの営みを照らす守り神のような存在、それがポーラスタアだ。」


数年前の雑誌インタビューで、佐野さんは「二回目の思春期が来た」と言っていたのだが、
このアルバムでも、若さが充満しているような空気感がある。
誰かに恋してるような、ラブソングも多い。 なにかが吹っ切れたような開放感も。
かと思えば、社会に痛烈な皮肉をこめた曲もある。


いずれにしても、
ストレートに生きること、人を好きになること、他者を大切に思うことが素晴らしいと思えるようなアルバムなのである。


こんな痛快な作品が、今、佐野さんから聴けるとは思ってなかった。正直。
いい意味で裏切られた感覚が生まれ、自分にとっても刺激的で、日々の生活に意欲があふれてくる。
何かをつくりたい、楽しみたい、という欲求がめばえてくるのだ。

ZOOEY(初回限定盤)(DVD付)ZOOEY(初回限定盤)(DVD付)
佐野元春

DaisyMusic 2013-03-13
売り上げランキング : 417

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

« たまらん坂 | トップページ | 不幸や情けなさを、ハードなギターに切ないメロディーで隠す。それがパワーポップ »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

佐野元春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/56986580

この記事へのトラックバック一覧です: 刺激的に生を謳歌する「ZOOEY」:

« たまらん坂 | トップページ | 不幸や情けなさを、ハードなギターに切ないメロディーで隠す。それがパワーポップ »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...