iTunes

♪Amazon♪

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« 気高い営みこそがすべて | トップページ | 完成された幸せなんてない »

2013/02/28

僕の人生の今は何章目くらいだろう

佐野さんの音楽以外で、最近ヘビーローテーション化しているのが、この歌である。

実は、恥ずかしながら最近まで知らなかったり(汗)。
初めて耳にしたのは、数ヶ月前の情熱大陸のBGMとして使われていたものだった。

元々は、ウルフルズ(トータス松本)が、吉田拓郎のために書き下ろしたものだが、
ウルフルズ自身もカヴァーしていて、ベストアルバム(企画モノ?)のみに収録されている。

ストレートなトータスのボーカル。 言葉とメロディーが胸の奥まで飛び込んでくる。


歌詞を読めば、また深い。

吉田拓郎の体調との時間軸がわからないけど、大きな病に見舞われてしまった拓郎の思いにもつながるような言葉。


喜びも苦しみも悲しみも楽しさも、様々な経験を経てきて、
過去と寄り添いながら、今を謳歌しよう、という悟りを開いたかのような歌だ。

もしかしたら、この先まだまだツライことが待っているかもしれない。
でも今なら笑い飛ばせる、といった決意のようなものも思わせる。


いいんだなぁ、これが。

これを聴いてると、なんだか、今の大切さ、いつ終わるかもしれない人生をまっとうすることの素晴らしさを感じて、しかたがない。

いつまでも聴いていたい歌のひとつになりそうだ。


で、動画ではウルフルズバージョンがないのである。
そこで一般の?方のカヴァーで、お、これは!と思った2組のものを(笑)




2組とも、まったく私と無関係。

が、自分で言うのもなんだけど、上の人の歌声、自分のそれとよく似てるんだなぁ。
なぜか親近感(笑)

下の2人組、ボーカルの方が声量バツグンで素晴らしいですね。
ギターのアンサンブルもグッドです♪


« 気高い営みこそがすべて | トップページ | 完成された幸せなんてない »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/56855634

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の人生の今は何章目くらいだろう:

« 気高い営みこそがすべて | トップページ | 完成された幸せなんてない »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...