iTunes

♪Amazon♪

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« twitter 12月21日~30日のつぶやき | トップページ | 12月の検索ワード BEST20 »

2009/12/31

RADIO CRAZYで今年最後の更新

シゴトが順調に?片づいたので
予定していた5日間遠征を決行。

大阪 → 渋谷 → 中山 → 新宿 → 熱海 → 大阪(RADIO CRAZY)

新宿辺りで、体がおかしくなったかと思ったくらいの体調不良になってしまいましたが
何とか無事にたどり着けて、ホッ。

渋谷では「山口洋+おおはた雄一」のLIVE。
これについては、また次の機会に書くとして
記憶のあるうちに、断片的に「RADIO CRAZY」を。


1日目

熱海からほぼ直行して、YO-KINGにやっと間に合う。
一部だけでも観たアーティスト。

YO-KING
the pillows
帰ってきたナニワ・サリバン・ショー
フラワーカンパニーズ
くるり
怒髪天


個人的にはユニコーンとトリの被った怒髪天がベストでした。

最近、増子さんの人柄にすっかりやられてしまってて、
特に、毎日を悔しい思いをしながら過ごしている人間にとっては
元気を与えてくれる人なんだろう。

この日も絶好調の増子節。
「トリと思って喜んでいたら、思い切りユニコーンとカブってんじゃねえかよ!俺たちはユニコーンの裏番組か。
そんな俺たちを選んだお前たちは、どうしようもないアホだな」

「おいしいケーキを描け、と言われたら、お前らは間違いなく『モンブラン』を描くタイプだな」

って感じのMCでいきなり笑わせつつ、増子さん自身は喜んでる様子。

中盤では
「今年は良いこともあったけど、辛いこともいっぱいあった。
死んでほしいヤツは図太く生きてて、大切な人が死んでいったり。
だけど、みんなここで生きてるってことでいいんじゃないでしょうか!」

で始まった
「生きてるだけでOK」(全人類肯定曲)には、すっかり泣かされた。

25周年スペシャル番組でイカツイ(失礼)「狂撃スペシャル」のメンバーが
「ライヴどころか最初のSEで泣く」って言ってたけど
やっと、その気持ちがわかったような気がする。

他には、自分達を「ロック界の笑い飯」と例え「大阪には鳥人がいるらしいねえ。○○ポジで俺なんか30分喋れる」とか、「ガールズバーで25万円も取られちゃ、オレでも怒るよ」と
これまた独特の喋りで笑わせてくれました。

「今日初めて演奏する」という「オトナノススメ」での皆の踊りに感動する増子さんでもありました。


ナニワサリバンショーでは、残念ながらトータスの歌に間に合わず、

ほとんど喋らない(笑)岸田繁の「Oh! Baby」
浜崎貴司の「君が僕を知ってる」
が聴き応え十分。
奥田民生は「スローバラード」だった。

その他、ちょっと小ネタで
pillows 山中さわおのコメントより。

YO-KINGの「Hey! みんな元気かい」を楽屋で聴いてて思い出したそうで、

「昔住んでたマンションのベランダに来た野良猫に、『Hey! みんな元気かい』を歌いかけてた」

そうです。  


時間を勘違いしてて、フジファブリックの映像を観られず。。。
でも、直後だけに観てたらただ悲しくなるだけだったかも知れない。

(何で関連アクセスが多いのか、と思ってたら、
「CDJ」で奥田民生が「茜色~」を歌ったそうだ・・・)

-------------------------------------------------

2日目

髭(HiGE)
Salyu
EGO-WRAPPIN'
佐野元春+THE COYOTE BAND


自分にとってのメインは佐野元春。
怒髪を書いて、元春かよ!
って言われそうですが、私をこんな風な音楽好きにさせてくれた方なのです。
私にとっては、すべてが彼から始まっているのですから。

ホントはベンジーやLOSALIOSも観るところなんだけど
体力温存しました(汗)

というのも、今だから書きますが、7月の「COYOTE LIVE」では
開演前に暑いなかを歩き回り、日射病で頭痛。アンコールまで持たなかった私なのです(爆)

だから、そのリベンジだった。

前から5列目あたりを取って、間近で観てきました。
今回はRIKUOがいるのが嬉しい。元春の後ろにRIKUO。
別々で応援してきた身としては、信じられない光景。

COYOTE BANDとの大人の演奏が繰り広げられ、
個人的には「ヒナギク月に照らされて」のブルースが心地よかった。

「ロックンロールは世代を超える。ホントかな(ジョークっぽく笑う)
でもホントだとしたら、今夜、みんなと一緒にそれを証明したい」

アンジェリーナのラスト。コール&レスポンスの「I LOVE YOU, YOU LOVE ME」は
いろんなファンが集まる(特に次はBirthdayだった)フェスで、かなり効果があったと思う。
元春を知らない人は、「Someday」くらいのイメージしかないので。

「YOU LOVE ME」がなかなか聞こえない(?)と
舞台袖へ帰ろうとする茶目っ気も健在(笑)

「I LOVE YOU, YOU LOVE ME」の返しが見る見るうちに加速し
元春のテンションが最高潮に達すると、
アノお得意のスライディング(名称、忘れる)まで披露!

この方の場合は、真正面からロックアーティストとして見せる真摯な姿勢から
本当に元気を与えてくれるのだ。素晴らし過ぎる。
RIKUOまでが、「凄いものを観た」って感じの笑顔を見せていたし。

終演後、入れ替わるようにやってきた若いBirthdayファンにまで
「カッコよかったなぁ」と言わしめていた。さすがだ。
本当に世代を超えるんだと思った瞬間。


というわけで、当初は観ようと思っていた
BirthdayもSuperflyもやめにしてしまいました。

元春から得た気持ちの熱さをそのままで持って帰りたかったので
トリの2つも好きなんだけど、ホントごめんなさい。

(前日の駅の大混雑がタイヘンだったこともあって・・・汗)


その他、この日のもうひとつのベストアクトはSalyuでした。
これは、すぐつぶやいたツイッターより。

<Salyuの歌声は冬の夜空を突き抜けて、私たちを遠い幻想的な世界へと導いてくれる>

場内に高らかに心地よく響き渡る歌声に、ヨメさんも泣いてました。

« twitter 12月21日~30日のつぶやき | トップページ | 12月の検索ワード BEST20 »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

佐野元春」カテゴリの記事

怒髪天」カテゴリの記事

LIVE鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます!
RADIO CRAZY、とても気になるイベントだったのでレポ楽しく読ませていただきました。
ライブ前には各アーティストがラジオ出演したり、ライブ音源をオンエアしたりと、ラジオ局主催ならではの趣向だったようで、羨ましい限りです。
佐野さんは勿論なんですが、私もSalyu聴きたかったです。
(女性ボーカリストで一番気になる存在。レコード会社に潰されないか少し心配してます)

みゅうさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いしますね。

何だかまとまらない、長々としたレポですみません。。。(汗)

Salyuには本当に驚きました。
前にもライヴで聴いたことがあるのですが、
さらに進化しているような気がします。

ホント、このままいい感じで進んでいってほしいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/47159950

この記事へのトラックバック一覧です: RADIO CRAZYで今年最後の更新:

« twitter 12月21日~30日のつぶやき | トップページ | 12月の検索ワード BEST20 »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...