iTunes

♪Amazon♪

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

« ザ・ソングライターズ 佐野元春×矢野顕子 【PART2】 | トップページ | the pillows@日本武道館 »

2009/09/15

pillowsが20周年ライヴをついに武道館で

いよいよ明日(9月16日)、pillowsが結成20周年を迎える。

第1期(特にホワイトインカーネイションあたり)を気に入ってた私、
キングレコード時代から応援しているヨメさんにとっても
何だかしみじみしてしまう。

今こそ順調に活動していて、まさに充実期といったバンドだが、
前半は紆余曲折あり、もがき苦しんでたような感じ。
その時期があって、今のピロウズが成り立っているような気もする。

実はその時の生々しいコメントが15周年時にDVDとして出されている。

WALKIN’ ON THE SPIRAL [DVD]WALKIN’ ON THE SPIRAL [DVD]
the pillows

キングレコード 2004-09-16
売り上げランキング : 34149
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ほとんどがメンバー、関係者のコメントが中心で、曲をじっくり聴きたい人には不向きかも知れない。
結成当時の映像はなかなか貴重。

ピロウズは、昔の成り行きのせいか、
Rockin ○n ○apanにはあまり出てこないだけに(他はあまり読まないので知らない)
インタビューらしき資料が少ししかない。

それだけに、当時に関する様々な状況が把握できて
非常に興味深かった。
バンドの充実期を前にして一区切りし、
初期の苦悶を払拭したかったかのようにも思える。

(上田ケンジ(健司)のブログでは
2008年に4人で撮った写真が掲載されていて(仲がいい、とのコメントも)
今となっては微笑ましい光景。。。)


そこで思い出したのが、Rockin ○n ○apanの山崎洋一郎の9月号でのコラム。
V.A.ばかりが名を連ねる昨今のアルバムヒットチャートを嘆きながら、
あまりにレコード会社がバンドに何でも自由にやらせ過ぎている、と指摘していた。

「制約を突き抜けて思うように貫く自由、それがアーティストの自由だ。
だが、今の音楽業界はアーティストと真正面からせめぎ合おうとしていない。
好きに作らせて、ダメなら切るのだ。
アーティストの自由はそれだけで素晴らしいものだが、
それが他人とのせめぎ合いや制約との戦いがあってこそ、パワフルな作品に繋がる」


普通なら、逆のことが言われそうな気もするのだが、これも時代か。

ピロウズは「ストレンジカメレオン」を出した際、レコード会社の反対にあって解散も考えたという。
自分たちのあり方に頑なで、いくつかの衝突を経た上での20年。

彼らの20年は、デビュー間もなくヒットチャートを席巻したようなメインストリームのバンドのそれとは
大きな違いがある。その年月は重い。
でも今なら冷静に振り返ることができる20年でもあるだろう。

そんな彼らが、いよいよ明日、初の武道館ライヴを敢行する。
武道館を20年にして初のワンマン、という意味。
非常に貴重な一日となりそうである。

(そんなときに首班指名だって・・・)

« ザ・ソングライターズ 佐野元春×矢野顕子 【PART2】 | トップページ | the pillows@日本武道館 »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

the pillows」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/46216966

この記事へのトラックバック一覧です: pillowsが20周年ライヴをついに武道館で:

« ザ・ソングライターズ 佐野元春×矢野顕子 【PART2】 | トップページ | the pillows@日本武道館 »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...