iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 7月の検索ワード | トップページ | 「徹子の部屋」に樋口了一 他 (小ネタ集) »

2009/08/02

この道で生きる覚悟から

仕事のキリがついたので、急遽
大阪MUSE(ミューズホール)のグルーヴァーズを
観に行った。

前日、ヨメさんが持ってた「ROUTE 09」を耳にして
いい意味の驚きがあったからだ。
昔からのファンの方には申し訳ないのだけど。

ROUTE09ROUTE09
THE GROOVERS

スリーディーシステム 2009-07-15
売り上げランキング : 9489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今まで持ってたグルーヴァーズのイメージとは違う(あくまで個人的なイメージ)、
楽曲とサウンドが並んでいた。
したたかなロックと言えばいいのだろうか。

グルーヴァーズの藤井一彦(ドラムの藤井ヤスチカも)は同じ歳である。
調べたら他にも多くいるのだろうが、それだけで妙な親近感を抱いてしまった。
40を越えて、インディーズで自分たちのロックを貫いていくというのは
今のミュージックシーンを考えても、相当な覚悟が必要ではないかと感じる。

そんな逃げ場のない、自分の行く道だけど
長くやってきたからこそ理解できるロックミュージックの喜びもあるのだろう。
それらの恩恵が充足感と伴って聴こえてくるようなアルバムだ。
歌詞を読んでも、どこか吹っ切れた、悟りを開いたかのような言葉が並んでいる。


これらの楽曲をLIVEで体感すると
さらにこちらの満足度も増してしまった。

ベース高橋ボブとドラム藤井ヤスチカによるリズム隊も強力で
そこに藤井一彦のギタープレイも冴えが増す。

ライヴとしては、ニッポンのロックに対するリスペクトも絡め
特典CDでしか聴かれない
佐野元春の「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」(皆に聴いてほしい歌があるんだ、のMC)
RCサクセションの「君を呼んだのに」を聴かせてくれた。

ただでさえチューニングには慎重だったが
この2曲を前にしたときの念入りなそれは、
ハンパな音で奏でてはいられない、といったように思える。

「君を呼んだのに」の単調なカッティングとリズムが、
エンディングになって恐ろしいほどのグルーヴを呼んで聴き応え十分。
ドラムが素晴らしかった。

アンコールラストでも「いい事ばかりはありゃしない」を歌ってくれたほかにも
メンバー紹介では「マイネームイズアベフトシ」と
天国に捧げるかのようなカッティングを繰り広げる藤井一彦なのだった。


自分がこの道で生きる覚悟というのは
いつからか大きな喜びに変わる。
多くの人から受けた恩恵があればなおさらだろう。

まだその途中なのかも知れないけど
この日のGROOVERSのライヴから、
そんな生き様みたいなものを感じ取ってしまった。


ちなみに、私が好きな「俺としたことが」は
MCで「意外と人気がある」と言われていた。

セリフ的なタイトル(サビ)も面白く
完璧さを求めたなかで、ぐらついた一瞬の過ちがちょっと滑稽。
そこが逆に人間らしくて大好きである。

« 7月の検索ワード | トップページ | 「徹子の部屋」に樋口了一 他 (小ネタ集) »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

LIVE鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/45809307

この記事へのトラックバック一覧です: この道で生きる覚悟から:

« 7月の検索ワード | トップページ | 「徹子の部屋」に樋口了一 他 (小ネタ集) »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...