iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« サラリーマン歌舞伎は | トップページ | 温まる言葉 »

2009/05/26

眠れぬ夜

ここでキーボードのイントロが鳴った方には申し訳ないですが
○フコースではありません。


昨夜は早く寝るつもりが夜更かししてしまって
3時まで目が冴えて眠れず。
しかしながら、ちゃんと7時には起きた。
それくらい、密度の濃い内容の映像を見てしまった。

何気なく、NHKをつけていたのだが、
まずはプロフェッショナルの再放送。

「〝ばかもの〟がうねりを起こす」
http://www.nhk.or.jp/professional/backnumber/090519/index.html

何を今さらと、ツッコミもありそうな気もするが、構わない。coldsweats01
1つの生き方、社会への関わり方として、大いに刺激を受けた次第。

だいぶ前に講演を聞いた、某北陸地方で町おこしをされた人と
(あちらは、今財政難でタイヘンだというオチがあると聞く)
同じような目、同じ行動を起こしていた(ビルゲイツを呼ぼうとするなど)のが、印象的。

そういう意味で
昨年、小樽の町を目にしたのは偶然だが、まんざら悪い旅ではなかったようだ。
今さらながら、小樽を舞台にしたHTBの「歓喜の歌」は、こんなところからの派生もあったのかと、考えてしまった。
見落としていたのかも。


ところで、「ばかもの」とは、関西で言うところの「アホ」なわけだが
まぁ、ご覧のとおり、私もここでアホなことばっかり言ってるわけで
どこかで誰かに嘆かれてるような気もする。

でも、いろんな人の言葉や行動を見聞きしたことを(それに対しても刺激を受けながら)
アホみたいに書きまくって、自分の表現として
さらには、自分やお店につながる何か橋渡しみたいなことにならないか、
という思いで、このブログを綴ってるようなところもある。嫌らしい言い方をすれば、いわば手段だ。

勝手におきかえてみれば、木村氏が言うところの
これはまだまだ「まずはできる小さいこと」だ。5年くらい続けてるわけだし。
その上、自分にはいろんな面があって、他にもまだまだ小さなことばかりやっている。


が、もう1段階乗り越える壁があるような気がしてならない。
3年計画の最終年は、それに立ち向かっていかなくては、と思いながらも
どうも躊躇してる自分がいた。これが一番の課題なのである。
そんな時に、簡単に言えば、ちょっと背中を押してくれたようなドキュメントだった。

タイトルどおり、ずっとこだわり続けている「自分の立ち位置」を
大なり小なり、そろそろはっきりさせていかなくてはならない。


で、熱くなってしまって、TVをそのまま流していたら
続けて、当初京都ローカルで流れたという、
「若気の至りロックフェスティバル」

怒髪天が出ているということで、ヨメさんのために録画してあげようと
ついつい見てしまう。
最近、労働コンセプトアルバム?を出したということで注目の怒髪天。
不幸にも?時代が近づいたのか、彼らが時代を歌っているのか
その波が今、はまりつつある現状なんだと思う。

そういえば、「オレはエグザイルすごいと思う」と、
最近読んだロッキンオンジャパンでのインタビューで
「7人から14人に新規採用したからね~」と
マジか茶化しか、わからないコメントが印象的な増子さんなのであった。


が、それより圧巻だったのが遠藤賢司だ。
62歳でもまだまだ失せることのない、言葉と意思の強さに奮い立たされる。

「夢よ叫べ」

深夜に聞いたこの歌は、闇のどこまでも引き裂いていきそうな心の叫びが響きわたった。
いや、夜でなくてもそうだろう。

オンエアで、最後に歌舞伎ばりに睨みをきかせるような振る舞いで
ステージを去る遠藤賢司。

ライブを見るのはほとんど初めてだったので、これって今回だけの話かと思ったら
You TubeにUPされているフォークジャンボリーでの映像でも同じことをやっていた。

http://www.youtube.com/watch?v=30XebMAshPw

お前ら、まだまだ戦え、とでも言ってるかのように・・・。
おかげでますます眠れなくなってしまった。

« サラリーマン歌舞伎は | トップページ | 温まる言葉 »

NO MUSIC,NO LIFE」カテゴリの記事

テレビ」カテゴリの記事

怒髪天」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/45134321

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れぬ夜:

« サラリーマン歌舞伎は | トップページ | 温まる言葉 »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...