♪Amazon♪

« 青い地球であるために | トップページ | pillows 「New Animal」が突き刺さる »

DaisyMusic(佐野元春の自主レーベル)がYouTubeへの投稿を呼びかけ


(音量は小さめで)


佐野元春のYouTube公式チャンネル(「DaisyMusic on YouTube」)が4月に設立された。
http://jp.youtube.com/DaisyMusic

チャンネル設立自体も称賛に値する話で申し分ないことなのだが、オシオシさんのブログで教えられてさらに驚いたことがある。

なんとこの「DaisyMusic on YouTube」が、「ファンの草の根による動きとも連動を図りたい」としているのだ。つまり平たく言えば、ファンの映像投稿を否定しない、むしろ共存体制にあると。http://jp.youtube.com/bulletin_read?id=DgzkZA0p01k&user=DaisyMusic

最後にある、(オシオシさんと同じような書き方でごめんなさい)

「以前、YouTube上にルイード時代のライブ映像がアップされてましたが、現在は削除されています。 あれは佐野元春映像アーカイブにふさわしいとても貴重な映像でした。そこで、もし映像をお持ちの方がこのメッセージをご覧になっ ていたら、どなたでも結構ですので、再度アップしていただけないでしょうか。よろしくお願いします」

という文面は、現在の著作権云々をめぐる業界の流れとは全く逆を行くもので、注目に値する。これがメディアには全く無視されているのか、気づかれていないのかはわからないが、画期的なコメントなのだ。(このルイードの映像を誰が(どのメディアが)作成したのかは不明)

もちろん「DaisyMusic」が自主レーベルであり、他のTV・ラジオ局や大手レコード会社とは異なるからこそ言える話で、逆にまたそれらによる規制、Youtubeによる独自判断もあるかも知れない。

しかし、佐野元春自身の著作権、肖像権としては全く問題なしなのである。
No problem!

以前に何かのインタビューで
「小さい頃、ロックミュージックを録音したことで、多くの曲に触れることができた。いろんな媒体で聴かれることが望ましい」
というようなニュアンスの言葉で、コピーコントロールCDに真っ向から反対していたと認識している。
(おぼろげな記憶ですみません)

そういうことからも、佐野元春の姿勢としては一貫していて不思議でない話なのだが、これをあからさまに呼びかけてきたことは非常に珍しいことだと思う(他のアーティストにも同じ考えの人がいて、いろんなしがらみで公言できないケースもあるかも知れない)。

誤解してならないのは、この件が映像投稿に関する問題全体の解消を訴えているわけではない、ということだろう。あくまで佐野元春個人に関する映像に限っての話だ。許可するかどうかは、アーティストの意向次第と言いたいのではないだろうか。

そういう意味で、佐野元春という人は懐が深いというか、
思考の次元や方向性が違うミュージシャンという気がしてならない。


P.S.
私が初めて観た元春の映像は、
大阪朝日放送の「ヤングプラザ」という番組で観た「ガラスのジェネレーション」。

♪答えはいつもミステリー、
での「クエスチョンマーク」にやられてしまったのだ。

誰か持ってないかなあ・・・って、
ビデオもあまり広まってない時期だけど(爆)。


music今日のBGM
佐野元春「君が気高い孤独なら」

« 青い地球であるために | トップページ | pillows 「New Animal」が突き刺さる »

NO MUSIC,NO LIFE(03~08年)」カテゴリの記事

佐野元春」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

リンクまで貼って頂いていて、有り難うございます。移動中だったため、反応のタイミングが遅れて申し訳ないです。

アーティスト個々の意向と同時にレーベルの意向というのもありますから、著作権問題に非常に厳しい態度を取っている日本のレーベルが絡んでしまうとこんな表現はとても出来ないと思います。アーティスト個人としては賛成でも、それを表現出来ない場合があるのはYRさんが仰っている通りですものね。(でも…ロックミュージシャンなら何かしらの行動があっても?なんて思ったりもしませんか?)

youtubeについてはともかく、iTunesがいつまで経ってもあんな寂しい状態なのは早くなんとかして欲しいです。日本の大手レーベル(怒)…。

いえいえ、こちらこそコメントいただいてありがとうございます。

ホントに画期的なことだと思うのですが、全く報じられていないみたいなので、私もちょっと力が入ってしまいました。

これを考えると、メジャーレーベルに所属していると、アーティストが何も言えなくなってしまう構図が見えてしまいますね。考えれば当然の話なのかも知れませんけど。仰るとおり、それが果たしてロックなのかという・・・。

iTunesについても、対抗する配信サイトにレコード会社や音楽事務所が絡んでる限りは、制限がかかってしまうのでしょう。

その辺り、各サイトが今以上に多くの資産を共有できる仕組みをつくるというのは、理想論なのでしょうか・・・。

こんばんは、始めたてのブログにお越し頂き、ありがとうございましたhappy01
この記事にコメントを入れたうえで、RSS登録したつもりだったんですが、すいません・・・初心者なもんで。
かうぞうさんちから、お邪魔しました。今後もよろしくお願いします。

佐野元春のことは、わたしもいずれ記事にしたいと思っているので、そのときはリンク貼らせてください。

bluebird さん、こんにちは。
こちらこそお越しいただきありがとうございました。

かうぞうさんのところから辿っていったところ
偶然、登録していただいているのを見つけ、驚いた次第です。ありがとうございました。

リンク・トラックバックOKですので
これからもどうぞよろしくお願いしますね。
楽しみにしています。

(トラバは、すぐには反映されませんのでお許しください)


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/41359734

この記事へのトラックバック一覧です: DaisyMusic(佐野元春の自主レーベル)がYouTubeへの投稿を呼びかけ:

« 青い地球であるために | トップページ | pillows 「New Animal」が突き刺さる »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

PR♪