♪Amazon♪

« オダギリジョーと皆川猿時が競演だ! | トップページ | 10月の検索ワード・BEST10 »

こんなCDありましたけど   -BORDER A tribute to MOTOHARU SANO

ふ~・・・ここのカテゴリの編集に悪戦苦闘したり、次に紹介するアルバムを探すのにかなり苦労してしまいました。

で、やっとの思いで見つけたのが、佐野元春トリビュート盤の「BORDER」。96年に出た作品なのでもうかなり前ですね。元春に結構近い位置にいるアーティストや、そうでないミュージシャンもいろいろ集まって、それぞれの趣向によるアプローチで佐野元春の曲を演奏しています。

主な参加ミュージシャンは、グルーヴァーズ、GREAT3、Dr.Strange Love、プレイグス、ヒートウェイブ、そしてnanacoなど。

P061029

って、これはnanaco(佐藤奈々子)のプロデュースなんですよね。先に紹介した「Love is a Drug」とほぼ同時期に出ています。ジャケットの写真も担当されていて、当時の購入特典として同じデザインのTシャツがあったのですが、家ではずっと着ていて、もうボロボロです。これ犬か?って感じです(いや、ちょっとオーバーに言い過ぎました)

個人的にはやはりGREAT3の「サンチャイルドは僕の友達」、Dr.Strange Loveの「ストレンジデイズ」、nanacoの「99ブルース」、そしてプレイグスの「空よりも高く」がオススメ。あとグルーヴァーズ、ヒートウェイヴもシブイ。
特に前の3者は個性たっぷり過ぎて、濃い~ロック。プレイグスは今あらためて聴いてみてよかったなぁ。。。再発見。

当時、元春もこのアルバムを気に入ったのか、その頃のツアーでそれまで滅多に演奏しなかった(今もかな?)
「サンチャイルドは僕の友達」を新しいバンドアレンジで歌ってくれたのがとても印象的でした。

« オダギリジョーと皆川猿時が競演だ! | トップページ | 10月の検索ワード・BEST10 »

Dr. Strange Love」カテゴリの記事

GREAT3」カテゴリの記事

NO MUSIC,NO LIFE(03~08年)」カテゴリの記事

こんなCDありましたけど」カテゴリの記事

佐野元春」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

YRさん
私にとって全くツボなエントリーばかり続きます(^^)。
実はごく最近オークションで手に入れました。今までも気になりつつ結局買いには踏み切れずだったのです。が、ある日突然「ヒートウェイブは”君を連れて行く”をどんな風に歌ったのか?」ということが大変気になったのです。予想通り、ヒートウェイヴの持ち歌の様な仕上がりで大変満足しました(笑)。
その他には「空よりも高く」が好きです。「サンチャイルド」も良いですね。ってきりがないのでこの辺で止めておきます、、

ヒートウェイヴ!
オシオシさんもかなりの通でいらっしゃいますね~。
手ごわい・・・(すべていい意味で言ってますので誤解しないでください。念のため)

本当はこのアルバムは
グルーヴァーズやヒートウェイヴが
最も注目されるところだと思ってます。
だからあえて逆のことを言ってみたところもあるのですが、言い訳ですかね(笑)。

ヒートウェイヴは1枚だけで申し訳ないですが、持ってます。
ある曲が聴きたくて。
それについてはまたいずれ。。。(ええっ?)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/40705628

この記事へのトラックバック一覧です: こんなCDありましたけど   -BORDER A tribute to MOTOHARU SANO:

« オダギリジョーと皆川猿時が競演だ! | トップページ | 10月の検索ワード・BEST10 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

PR♪