iTunes

♪Amazon♪

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« OTODAMA | トップページ | 奥野真哉と言えば »

2006/08/14

OTODAMAを観てよかった

日射病で倒れてしまった(家で)私です。
バカモノですな。
(安直なタイトルですが、一応フラカンの「深夜高速」をダブらせてます。これでも)

サマソニのグループ魂もすごかったみたいだけど
今回はOTODAMA2日目を選んで正解だったと思う。(1日目の湯川潮音はいろいろあって断念・・・)

昨年の泉大津と違って、服部緑地の狭いスペース、
さらに、周辺に居住地域がある立地特有の音量規制のもとで
限られたなかでのロックイベントだったが、
個人的には逆にそれがいい効果を生んでいたように思う。

というのも、ステージが後方からでもよく見えるくらい近く感じたし、また、アーティストによっては工夫のある構成で曲を披露することで、別の一面を観た気がするからだ。
特に前半はそうだった。以下演奏順に感想を。


「スネオヘアー」
昨日のページでも触れたように(スネオヘアー終わった直後に投稿してました)、他にギターとパーカッションだけのアコースティック構成。
イベントのスタートはゆるやかに始まりつつも、逆にスネオヘアーの芯の強い部分を感じた。シンプルなサウンドにおいても楽曲の強さは変わらない。特に「打ち上げ花火」が素晴らしかった。できたら日が暮れて聴きたい気もしたけど。


「つじあやの」
今までの認識をあらためさせられたのが彼女。ウクレレ一本でさら~と歌ってしまうのかなぁ、と思ってたら大間違い。彼女は相当歌いこんでるのか、曲自体も自分の音域の限界までフルに生かしたつくりで、それに声量が伴っているから、思わず聴きこんでしまった。

思わず心の中でごめんなさい、と謝っていた私。この人の歌はぜひ生で聴くべし。
しかし客全員ににうちわで扇がすかぁ~(笑)すばらしい個性。


「GOING UNDER GROUND with YOU」
先に書いたように、最もこの限られた空間をしっかり考えて演奏していたのが、GOING UNDER GROUND。ベスト盤や順番のことも考えてかもしれないが、彼らの工夫は実に良心的で、真面目に取り組む姿勢を感じた(決して他が不真面目という意味ではない)。 

全員浴衣姿のサービス精神?で、カントリーやドゥーワップ、ビーチボーイズなどの楽曲がアコースティック構成で演奏された。本来の彼らの曲を聴きたかった人には物足りなかったかも知れないが、これはこれで良かった。
しかしアノ曲、日本昔ばなしの歌ってヨメさんが言ってましたけど、本当なんでしょうか。。。


「TOMOVSKY」
今日の大収穫。
もちろんカステラ時代から知っているけど、最近の歌をあんまりチェックしてなくて、もっと聴いとくべきでした。
「野外なんて呼ばれたことがない!」と吐き捨てながら、あまりのテンションの高さに繰り広げられる楽曲はビュンビュン胸に飛び込んできた(スポンジマンに対抗した言い方)。

「歌う36歳」が「歌う40歳」になってて、どこまでもいつまでもこの感性で突っ走ってくれって感じ。
「後ろ向きでOK」「脳」「スポンジマン」など素晴らしい曲が多かった。

あと、意外なことにスネオヘアーとは旧知の仲ということで、最後にセッション。
バックのサードクラスもしっかりとした演奏で、要チェック。
「次は兄をよろしく」とピーズにバトンタッチ。


「THE ピーズ」
「弟なんか、いや人の世話になりたくねえ!」とハル(笑)。
(っていうか双子の兄弟って知らん人がいたことに、ヨメさんとちょっと驚いたり)
スタンディングエリアにはかなりの人がいた。
一度活動休止したけど、そのあとしっかり若いファンを掴んで、イキな演奏。
アビさんのギターが良かった。
ハルは最後疲れてたのかな(?)
個人的には大好きな「バカになったのに」と「グライダー」が聴けて満足。


「キャプテンストライダム」
すみません、この時、私がかなり参ってました(大爆)。
でも、彼ら結構オリジナリティあって、お馴染みの「キミトベ」も良かったけど、特に「マウンテン・ア・ゴーゴー・ツー」が素晴らしかった。この歌は結構ハマる。


フラワーカンパニーズ
トリです。
今回はこのメンバーなら当然かも知れませんが、もう圧巻でした。
インディーズになってもとことんLIVEやってきて、ホントこれだけの新しいファンが支持していることは、彼らがバンドとして今まで以上の充実期を迎え、また、ホンモノのバンドであることを如実に表しているような気がする。
突然降り出した雨もどうってことない。ここは私も最後の力を振り絞って(体力なさ過ぎ)、踊り続けました。

新しい「脳内百景」が聴けてよかった。
ケースケが「ずっと歌い続ける」と言っていた「深夜高速」。
本当にずっと歌い続けてほしい。


最後に。
オーケン、途中で「サイキック」の録りに行くなよ(笑)。
でも、フラカンの前に雨が降り出したときに歌で再登場。
それがまたよかったんだよなぁ~。

« OTODAMA | トップページ | 奥野真哉と言えば »

NO MUSIC,NO LIFE(03~08年)」カテゴリの記事

The ピーズ」カテゴリの記事

TOMOVSKY」カテゴリの記事

フラワーカンパニーズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

LIVE鑑賞記」カテゴリの記事

コメント

トラバありがとうございました。
TOMOVSKYさんは私も大収穫だと思いました。
音量規制が厳しかったけど、あの警告サインをチェックするのが結構楽しかったりしました。(笑)

はじめてコメントさせていただきます。
私も昨日OTODAMAいってきました。
連れの都合があってTHEピーズが出てくる前に
退場してしまいましたが。
でもTOMOVSKYじゃないですが、普段太陽の下に
長時間いることがなくて、芝生の所にいたんですが、
かなりこたえて、昨日は病院で点滴しました。
熱中症にかかり脱水してしまって。

旦那さんや一緒にいった旦那さんの友達は
よくライブにいくのですが、私はライブ、しかも
野外でのものは生まれてはじめてでした。
やっぱり音をからだで感じれるのは大きいし、
昨日みたいにその場でしか聴けないみれない
パフォーマンスもライブならではでしょうね

>ナナさん
トラックバックさせていただいたにも関わらず、わざわざコメントをいただき、ありがとうございました。

スネオヘアーとTOMOVSKYのセッション曲は「現在位置」。ブログのタイトルなんですね。拝見させていただいたところ、ナナさんはいろんなライヴに行かれているようで、素晴らしいです。

そうそう、警告ランプの話をするのを忘れてました。私も同じくチェックしておりましたよ!もうTOMOVSKY以降は関係なし?って気もしましたが、「警告!」って言葉が何かツッコミ入れてるみたいで笑えました。

>massさん
はじめまして。コメントありがとうございました。

それよりお体の方はいかがですか?
点滴まで受けたなんて大変でしたね。
私も確かに帰りの電車でたどり着けるかって感じの状態でしたが、まだじんわりと頭痛が残っています。

ホント野外は小まめな水分補給と食事、あと前日の睡眠なども大事みたいです。(私は2つほど守れていなかったです)

massさんのブログでも入り口の写真が掲載されていて、思わず自分が写っているのでは?と思って探してみましたが、どうやらいないようでした。。。残念(?)

でも、TOMOVSKYまでいらっしゃってよかったですね。まさかスネオヘアーが再登場するとは思ってませんでした。こういうサプライズが、イベントの面白いところでもあります。

しんどかったですけど、本当に野外はよかったですね。
今度はお互い万全の状態で臨んで楽しみましょうね。

トラバ、有り難うございます。
文句臭い私のレポとは違い、温かいですね(笑)
一番のお目当てでもあったトモフが楽しすぎて嬉しかったです。
いいイベントでしたよね。
ぜひ来年もやって欲しいもんです。

自分、実は母と行ったのですが、元気でしたよ。
さすが年の功って…違うだろ!!!!
いやまぁ、自分もさすがにまだ元気ですが…。
こんなイベントがあると、体力つけとこって思いますよ。

>飛行機雲さん
お母様に負けてるダメダメ人間な私ですが(笑)、
わざわざコメントいただき、ありがとうございました。

今年のOTODAMA、いいイベントでしたね。
大きなロックフェスもいいですが、
素晴らしい音楽がギュッっと凝縮された感じで、とても心地よかった。
(体調とは別に・・・爆)

今日はタワーレコード難波で
トモフのベストを買ってきました。
(39とベストしかありませんでした)
今、聴きながらこのコメントを書いてます。

なんか、単純でありがちな言葉で勇気をもらうより、
ああいう(こういう)音楽を聴いてる方がずっと説得力があって、伝わってくるものがあるんです。

流れでこっちにも書き込んじゃいます(笑)
うわ~大丈夫ですか!うー暑いんでしょうね…。
TOMOVSKY懐かしい!最近活動を知らなかったのですが、そんな素敵な曲を作られていたんですか~。気になるなー。
ぼんやりとですが、私の中の記憶ではスネオヘアーと重なる部分があったりします。そのセッションいいですね。双子だったって事実も懐かしい~(笑)
今週はライジングサンなんですが、今時期は忙しいので体力的に辛いし、札幌記念の前日だし(笑)、行ったことがないんですよねー。毎年気にはなっているんですが…

ご心配かけてすみません。

TOMOVSKYは、
ちょうどお馬さんのHPを立ち上げたときに
(もう6年ほど前)
よく来てくれてた方が大ファンだったので
注目はしてたのですが、
最近ご無沙汰してしまって(汗)
ちょっと後悔。。。

一般常識を斜めで見てる、というか
疑ってかかってる姿勢が
(そんな歌にMC連発でした)
何かよかったり。

ハルと一緒に出てるのもとても新鮮でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10292/40705578

この記事へのトラックバック一覧です: OTODAMAを観てよかった:

« OTODAMA | トップページ | 奥野真哉と言えば »

Amazon

PR♪




Twitter -今のつぶやき-



  • たわいもない話が多いので、それでもよければフォローして下さい♪

COYOTE



  • Loading...